米国の子宮内避妊具市場:銅製IUD製品は2030年までCAGR7.1%で成長予想

米国の子宮内避妊具市場は、望まない妊娠の割合が増加していることから、2030年まで有利な成長を記録すると予測されています。また、副作用のリスクが少ない避妊具の技術進歩により、今後の市場の展開がさらに拡大するものと思われます。

子宮内避妊具(IUD)は、可逆的避妊法の中で最も効果的な形態で、妊娠を避けるために、訓練を受けた医師によって子宮頸部を通して子宮内に装着される小型の装置です。望まない妊娠を抑制し、妊産婦の死亡を防ぐために、世界中でリプロダクティブ・ヘルスと家族計画サービスへのアクセスを向上させることが不可欠となっています。最近では、政府の支援策や、望まない中絶や性感染症のリスクを回避するために、顧客中心の避妊サービスを提供する民間企業も増加しており、米国の子宮内避妊具市場の拡大に寄与しています。

特に米国政府はこれらのサービスを広く支援しており、世界最大の避妊具の流通および購入の担い手となっています。子宮内避妊具は、使いやすさ、費用対効果、耐久性、メンテナンスのしやすさなどの利点があり、米国での採用を促し、市場全体の発展を後押ししています。

年々働く女性は増加しており、計画的な妊娠と高齢出産が傾向として現れています。さらに、国内におけるIUDの認知度が高まっていることも、市場の成長に寄与しています。

米国の子宮内避妊具市場は、製品、年齢層、地域で分類されています。製品別に、市場は、銅製IUDとホルモン製IUDに分類されます。2021年の銅製IUDの市場規模は2億2400万米ドルで、そのメリットに関する認知度の上昇により、2022年~2030年の間CAGR7.1%で成長すると予想されています。

年齢層別に、市場は、20〜24歳、25〜29歳、15〜19歳、30〜34歳、40〜44歳、35〜39歳、45歳以上に分類されます。20-24歳の年齢層セグメントは、2021年に約2億500万米ドルの収益に達し、2022年から2030年にかけてCAGR10.4%で成長すると考えられます。20〜24歳の女性の間で、さまざまなIUDの用途が認識されていることで、同セグメントの見通しを促進することになります。

地域別に、市場は、West South Central、East North Central、East South Central、South Atlantic、North East、West North Central、Mountain States、Pacific Centralの地域に及んでおり、2021年は、East North Central市場は、1億7400万米ドル以上の評価額を獲得し、2022年~2030年の間CAGR 10.6%を記録すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]