電動水中ポンプ市場:効率的な廃棄物・下水処理の需要増により拡大

電動水中ポンプ市場は、探査および生産活動への投資の増加により、2030年までに大きく成長すると予測されています。また、効率的な廃棄物処理や下水処理に注目が集まっており、今後の業界の拡大を補うものと思われます。

電動水中ポンプ業界は、COVID-19の発生時に大きな後退を経験し、ポンプの生産能力に遅れが生じました。しかし、その後の封鎖緩和により、製造拠点は操業を再開することができました。効率的なポンプシステムへのシフトに向けた政府の取り組みと、その結果としての投資の急増は、市場の成長を後押ししています。

業界の主要な市場プレーヤーは、電動水中ポンプ市場の地位を向上させるために、コスト削減と製品革新のみならず、コラボレーション、パートナーシップ、買収などの成長戦略に焦点を当ててきました。例えば、2021年4月、多国籍企業であるAtlas Copcoは、WEDA Lという新シリーズを追加し、水中脱水ポンプの拡大を発表しました。 この斬新なポンプは、半液体のスラリー混合物を効率的に処理できる大きな開口部を備えています。

また、最近では、同社は、2022年2月にドイツのスネークポンプメーカーであるPumpenfabrik Wangen GmbHを買収する契約を締結しており、産業用ポンプ分野での事業を拡大しています。さらに、メキシコのポンプサプライヤーであるProveedora de Bombasと、同国における独占的パートナー契約を締結しました。

電動水中ポンプ市場は、操作、産業、井戸、地域別に分類されます。井戸別に、市場は、オープンウェルとボアウェルに分類されます。オープンウェルは、2030年までCAGR8%を記録することが予想されます。

操作別に、市場は、マルチステージとシングルステージに分類されます。マルチステージは、高層ビル、ボイラー給水、発電、石油・ガス生産などの分野で採用が進んでおり、今後も好調に推移するものと思われます。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2030年までCAGR 9%で成長することが予測できます。一方、中南米市場は、2030年までCAGR 8%で成長すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]