教育向けAI市場:詐欺・リスク管理用途は2030年までCAGR50%で成長予測

教育用人工知能(AI)市場は、AI技術の進歩に向けた投資の増加により、2030年まで指数関数的に成長すると予想されています。

最近では、教育用AI業界の主要企業が競合他社と連携して事業体質を強化する動きが活発化しており、市場全体のダイナミクスが改善されています。例えば、2022年6月、文部科学省は、インドの高等教育機関の学生に機械学習(ML)とクラウドコンピューティングのスキルを教えるために、アマゾン ウェブ サービス(AWS)と提携しました。

インドでAWSの再販とマーケティングを担当するAmazon Internet Services Private Limited(AISPL)と、インド省傘下の法定機関であるAll India Council for Technical Education(AICTE)が覚書を締結しており。この新しいパートナーシップは、学生に必要不可欠なノウハウを提供し、デジタルスキルを備えたインドの労働力を確立し、同省のイニシアチブを補完しています。この取り組みは、AICTEに加盟する数千の大学によって、全国の学生を支援するために拡張されました。

さらに、学生が堅牢な技術リソースと高度な設備を利用できるように、業界プレーヤーも製品開発とイノベーションを加速しており、教育における人工知能(AI)市場の製品展望を大きく促進しています。例えば、2020年11月、EdTechソフトウェアおよびソリューションの大手プロバイダーであるBlackboard Inc.は、同社の最高級クラウド学習管理システム(LMS)「Blackboard Learn」内に、高等教育の学生が大学で利用できるサービスや資源を提供する新機能「Blackboard Assist」を導入しました。この新機能により、学生は、カスタマイズされたサードパーティのヘルプサービスだけでなく、所属機関内のサポートサービスにも直接つながることができます。

教育分野における人工知能(AI)市場は、コンポーネント、テクノロジー、エンドユーザー、アプリケーション、展開モデル、地域別に分類されています。

アプリケーション別に、市場は、不正&リスク管理、インテリジェントチュータリングシステム、学習プラットフォーム&バーチャルファシリテーター、スマートコンテンツ、その他に分類されます。詐欺・リスク管理分野は、オンラインバンキング詐欺に関する意識の高まりにより、2022年~2030年の間CAGR50%で成長することが予想されます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、同地域におけるAI技術への投資の増加により、2030年までCAGR50%以上の成長を記録すると考えられます。一方、中東・アフリカ地域は、2021年に約3%の市場シェアを獲得し、その需要急増により、2030年まで拡大することが推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]