中東の給湯器市場:クウェートでは急速な工業化により2030年までCAGR7%で成長見込み

中東地域の給湯器市場は、急速な工業化・都市化により2030年まで堅調に推移することが予想されています。また、消費者意識の高まりとエネルギー効率の高い製品に向けた政府の取り組みが、今後の市場の需要をさらに押し上げると予想されます。

近年、企業はこの分野の新たなトレンドから利益を得るため、収益性の高い革新的な戦略を策定しており、これが中東の給湯器市場の拡大に寄与しています。例えば、2021年11月、大手暖房システムサプライヤーであるAristonは、UAE全域の大手ハイパーマーケットや電気店で同社の給湯器を販売することを決定しました。UAEの老舗ブランドの一つであるErosグループを総代理店に任命し、UAEで初のブランド給湯器販売企業となりました。Aristonグループは、サービスセンターを通じて設置やサービスを提供することで、消費者にエンドツーエンドのサポートを保証しています。

他にも、2022年5月、暖房、空調、換気、冷媒ソリューションの大手メーカーであるDaikin Middle East and Africa FZEは、ドバイ世界貿易センターで開催されたThe Hotel Show Dubai 2022にヒートポンプと冷凍機という革新的な暖房ソリューションを展示しました。

暖房分野では、気候変動に対する意識の高まりから、持続可能で再生可能な熱源が注目されるようになってきています。その結果、化石燃料への依存を減らすために、この地域のメーカーによる顕著な努力は、太陽熱温水器の人気と相まって、業界の製品風景にプラスの影響を与えてきました。

中東の給湯器市場は、容量、燃料、アプリケーション、製品、地域別に分類されています。

容量別に、市場は、30リットル未満、30〜100リットル、100〜250リットル、250〜400リットル、400リットル超に分類されます。このうち、250~400リットルのサブセグメントは、2021年の売上高が約2億6000万米ドルに達し、今後も堅調な成長を見せると考えられます。30リットル未満のサブセグメントは、2030年までにCAGR 8%以上の着実な成長を記録することが予測されます。

地域別に、市場は、UAE、サウジアラビア、カタール、オマーン、クウェート、トルコ、イスラエル、イラク、その他地域に分類されています。クウェートの給湯器市場は、2030年までに7%以上の成長率が見込まれています。また、残りの国も、炭素排出量削減の傾向から、今後も堅牢な成長を示すと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]