石油・ガス分析市場:エネルギー効率化技術により堅調に成長

石油・ガス分析市場は、炭化水素への依存度を下げるためのエネルギー効率化技術の増加により、2030年まで堅調な成長を遂げると予想されています。さらに、世界的なデジタル化と気候変動への意識の高まりが、2022年~2030年を通じて市場の成長を促進すると予想されます。

注目すべきは、業界関係者がこの分野の新たなトレンドを取り込むための戦略を展開しており、石油・ガス分析市場の拡大に寄与していることです。例えば、2022年6月、石油・ガス探査および生産会社であるRaisa Energy LLCは、業界初の石油・ガスマスタートラスト証券化プログラムを終え、Fitch Ratings, Inc.から「A」評価を受けました。これは、米国におけるRaisa社の多様なポートフォリオとロイヤリティ権益を証券化したものです。

石油・ガス分析市場は、サービス、展開、アプリケーション、地域別に分類されています。アプリケーション別に、市場は、上流、中流、下流に分類されます。

上流分野では、さらに探査・掘削アナリティクス、生産計画・予測アナリティクス、資産パフォーマンスアナリティクス、設備メンテナンス管理アナリティクス、労働力管理アナリティクス、現場監視・モニタリングアナリティクスに分類されています。探査&掘削アナリティクスセグメントは、2021年に8億米ドル以上と評価されました。

現場監視・モニタリングアナリティクスセグメントは、2030年までにCAGR22.0%で推移する見込みです。資産パフォーマンスアナリティクスセグメントは2021年に売上高2億米ドルを突破し、設備メンテナンス管理アナリティクスセグメントは3億米ドルの評価額を達成しました。2021年の労働力管理アナリティクスセグメントの評価額は3,000億米ドルを超えました。

中流分野は、フリート、ストレージ最適化、パイプラインSCADAに分類されています。このうち、フリートセグメントは2030年に評価額15億米ドルを超えると予想されています。2021年の評価額は、ストレージ最適化分野が2億米ドル近く、パイプラインSCADA分野が6億米ドル程でした。

下流分野は、2030年までおよそ24.0%の成長率で推移すると考えられます。市場は、需要予測、精製、価格設定、商品取引に分かれており、需要予測と精製部門は、2030年までに30億米ドルの収益に達すると予想されます。

価格設定分野は、2030年までCAGR25.0%で成長すると予測されています。2021年の商品取引分野は約3億米ドルで、2030年にかけて安定した成長を示すと予測されます。

サービス別に、市場は、プロフェッショナル、インテグレーション、クラウドに分類され、このうち、プロフェッショナル分野は2030年までに約170億米ドルの収益を上げ、インテグレーション分野は2030年までに50億米ドルの評価を超えると予測されています。

地域別に、2021年は、アジア太平洋市場は10億米ドル超、中南米市場は3億米ドル超となりました。一方、中東・アフリカ市場は、2030年までCAGR25.0%で進展することが推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]