手術用ロボット市場:婦人科手術用途は、2021年にシェア18%超を占める

手術用ロボット市場は、ロボット工学分野の技術的進歩により、2030年までに驚異的な成長を示すと予測されています。また、発展途上国における医療費の増加は、2030年までの市場の見通しをさらに促進させるものと思われます。

近年、AIベースロボットのヘルスケア産業での幅広い利用が報告されています。中には、症状分析、創薬、診断、スクリーニングにおいて、ロボットが人間よりも優れたパフォーマンスを発揮しているケースもあります。

また、学習プロセスを加速させるために、AIベースの外科訓練手順が人気を博しています。例えば、2021年11月、エディンバラ王立外科大学は、エディンバラのニコルソンストリートに新しいロボット訓練ハブを設立し、ロボット支援手術のために設計された最先端のシステムであるダヴィンチロボットの訓練を年間約120人の外科医に対して行うと発表しました。

注目すべきは、業界関係者がこの分野の新たなトレンドを取り込むために、収益性の高い戦略を実施しており、そのことが手術用ロボット市場の拡大に寄与していることです。例えば、2022年5月、カナダのウォータールー大学は、リンパ管閉塞やリンパ浮腫を治療できるロボット用ソフトスリーブを発表しました。このスリーブは、柔らかいロボット部品とマイクロ流体コントローラーの助けを借りて、患者の腕に圧力をかけて流体の蓄積を軽減することが出来ます。

手術用ロボット市場は、アプリケーション、エンドユーザー、コンポーネント、地域別に分類されます。

コンポーネント別に、市場は、ロボットシステムと器具・アクセサリーに分類されます。器具およびアクセサリーのサブセグメントは、2021年に36億米ドル以上の評価を記録し、堅調に成長することが予想されています。

アプリケーション別に、市場は、一般外科、婦人科手術、神経外科、泌尿器科手術、整形外科、その他に分類されます。婦人科手術のサブセグメントは2021年に18%以上の市場シェアを占め、2028年までに力強い成長を観察することが考えられます。

エンドユーザー別に、市場は、外来手術センターと病院に分類されます。病院では、ケアの質を向上させ、患者の転帰を改善するために高度な手術ロボットへの依存を高めており、2021年に37億米ドルの収益を獲得しています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2022年から2030年の間にCAGR16.8%で成長するものと思われます。手術用ロボットの注目すべき技術的進歩は、慢性疾患の負担増と相まって、今後数年間でラテンアメリカの市場を促進することが期待されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]