パーフルオロポリエーテル市場:スマートエレクトロニクスなどの需要増により、エレクトロニクス部門2028年に2億500万米ドル到達予測

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/gmi1092308-perfluoropolyether-market-size-by-product-by-type.html

パーフルオロポリエーテル(PFPE)市場は、その環境に優しい利点から、医療、自動車、電子、その他様々な産業におけるパーフルオロポリエーテル油脂の需要の増加により、2020年まで指数関数的に成長することが予想されます。

近年、業界の主要企業は、競合他社と提携することで海外事業を拡大し、事業体質を強化し、市場全体のダイナミクスを向上させる動きが活発化しています。例えば、2022年1月、ベルギーの多国籍化学企業であるSolvay S.A.と、米国に拠点を置く化学品製造企業であるTrillium Renewable Chemicalsは、バイオACN(バイオベース・アクリロニトリル)サプライチェーンの構築に向けて趣意書に調印しました。この提携の目的は、航空宇宙、エネルギー、自動車、消費財などさまざまな産業で使用される炭素繊維を開発することです。

パーフルオロポリエーテル市場は、製品、タイプ、用途、地域別に分類されます。製品別に、市場は、PFPE-K、PFPE-Z、PFPE-M、PFPE-Y、PFPE-Dに分類されます。PFPE-Dセグメントは、2028年までに市場評価額9,500万米ドルを記録することが予測されます。

用途別に、市場は、自動車、エレクトロニクス、航空宇宙、化学・石油化学、金属加工、食品加工、医療機器、繊維、発電、パルプ・製紙、その他に分類されます。エレクトロニクスセグメントは、スマートエレクトロニクスや電気自動車の需要増により、2028年までに2億500万米ドルになると予測されます。一方、金属加工セグメントは、2028年には約400万米ドルに達すると予測されています。

2021年、医療機器セグメントは、2,776万米ドルの収益を獲得し、今後数年間はCAGR7.5%で成長することが予測されます。これは、慢性疾患の出現により、医療産業機器全体で製品が採用されていることによるものです。

繊維セグメントにおけるパーフルオロポリエーテルのシェアは、2028年までCAGR3%で安定した成長を示すと考えられます。パルプ・製紙セグメントは、2028年までに190万米ドルで拡大すると推測されます。PFPE市場は、紙パッケージの需要増加により、有益な成長機会を示すと思われます。その他のセグメントは、2021年に収益が440万米ドルを超え、2022-2028年を通じてCAGR3.9%を示すと思われます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、食品加工産業におけるPFPEの大きな需要を背景に、2022年から2028年にかけてCAGR5%で成長することが予測されています。一方、中東・アフリカ市場は、石油化学産業の活況により、2021年に評価額3,000万米ドルで堅調に推移することが予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]