低温機器市場、天然ガス需要の急増により、2030年まで大幅に成長予測

低温機器市場は、天然ガス需要の急増により、2030年までに大きく成長すると予想されています。また、ヘルスケア、化学、食品加工の各業界が活況を呈していることに加え、既存の製造施設の拡張に向けた継続的な投資が、今後の市場成長をさらに後押しするものと思われます。

温室効果ガス排出量削減のための厳格な法的要件は、市場の成長を大きく後押ししています。さらに、業界の主要プレイヤーは、市場地位を向上させるために、パートナーシップや買収などの成長戦略に注力しています。例えば、2022年5月、高度なエンジニアリング機器の著名なメーカーであるChart Industriesは、スウェーデンのターンキーソリューション会社であるCryogenic Service Centerを約400万米ドルで買収しました。この買収により、Chartは地理的な範囲を広げ、製造能力を高め、北欧地域における存在感を広げることができました。

低温機器市場は、エンドユーザー、製品、用途、極低温、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、パイプ、タンク、ポンプ、バルブ、気化器などに分類されます。気化器セグメントは、持続可能なソリューション機器の採用に対する消費者の意識が強化された結果、2030年までに大きな進展を観察すると推測されます。

エンドユーザー別に、市場は、農林水産業、石油・ガス産業、海運、電力、ヘルスケア、食品・飲料、冶金、化学、ゴム・プラスチックに分類されます。電力セグメントでは、主に新興国を中心としたガスインフラ整備への投資拡大により、製品需要が高まると予想されます。一方、食品・飲料セグメントは、包装食品や冷凍食品の需要増加、飲料の輸送量の増加により、堅調な成長が見込まれています。

ゴム・プラスチックセグメントは、発展途上国を中心とした産業施設の開発・拡大により、2030年までに大きく成長すると予測されています。冶金セグメントは、技術強化に向けた新興国への海外直接投資により、飛躍的に拡大することが予測されます。

また、天然ガス輸送の増加に伴うLNG燃料の需要増により、2030年までに海運向け極低温機器のシェアが大幅に拡大すると予測されています。農業・林業・漁業セグメントでは、持続可能な池や穀物インフラの整備に向けた投資により、製品の普及が進むと思われます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、地域の化学製造、冶金、E&P、食品・飲料などの成長により、今後大きく成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]