電動車椅子市場、製品技術の進歩に伴い2030年まで安定した成長予測

電動車椅子市場は、製品技術の進歩に伴い、2030年までに安定した成長を示すと予測されます。また、車椅子を必要とする高齢者の人口が増加していることも、今後の市場成長を増大させるものと思われます。

COVID-19の流行期間中、電動車椅子業界は、製品の需要にプラスの影響を目撃しました。さらに、主要企業は、市場での顕著な地位を維持するために、製品ポートフォリオに新しい技術を導入することに注力しています。例えば、2021年8月、非急性期医療機器を販売するInvacare Corporationは、新しいInvacare AVIVA STORM RX電動車椅子を発表し、後輪駆動電動車椅子の新しいベンチマークを確立しています。

電動車椅子市場は、患者、製品、技術、用途、携帯性、最終用途、流通チャネル、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、後輪、前輪、中輪、その他に分類されます。後輪セグメントは、2021年に9億米ドルの収益シェアを記録し、2022-2030年の間にCAGR6.2%で安定した成長を示すことが予想されます。この成長は、ポータブル車椅子、スマート車椅子、スタンディング車椅子など、革新的な電動車椅子の出現に起因するものです。

技術別に、市場は、スマート車椅子と標準的な電動車椅子に分類されます。2021年のスマート車椅子の売上高は1億6,000万米ドルに達しました。技術的進歩が顕著な電動車椅子セグメントは2030年まで拡大することが予想されます。

患者別に、市場は、成人と小児に分類されます。成人セグメントは2021年に、高齢者の障害事例の増加により高い市場シェアを占め、2030年には35億米ドルの評価額に達すると予測されています。

携帯性別に、市場は、ポータブルとスタンドアロンに分類されます。スタンドアロン型市場は、2030年には38億米ドルに達し、2022-2030年の間CAGR6%で成長することが予想されます。障害を持つ患者への製品採用率の向上が、同分野の成長を後押しするものと思われます。

用途別に、市場は、神経疾患と運動機能に分類されます。神経疾患セグメントは、2021年に高い市場シェアを記録しました。神経疾患症例が増加した結果、同セグメントは2030年までに3億5,000万米ドルに達することが予測されます。

流通経路別に、市場は、電子商取引と実店舗に分類されます。電子商取引セグメントは、オンラインストアの人気上昇により、2022-2030年の間にCAGR 6.9%で成長することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]