産業用フロアコーティングの市場規模、2028年にかけてCAGR7.2%で成長予測

産業用フロアコーティングの市場規模は、2021年の4億7,400万米ドルから2028年にかけてCAGR7.2%で成長すると予測されています。高い機械的強度と優れた耐薬品性を備える製品の利点が、同市場を牽引しています。業界規模は、2028年までに数量ベースで1,293キロトンを超え、CAGR5.6%の成長が予測できます。

産業用施設のフロアコーティングシステムは、建物の中で最も過酷な仕事を担っています。通常の通行や機械的摩耗に加え、腐食性液体、極端な熱、強い衝撃といった厳しい条件にも耐えなければなりません。製造業、運輸業、化学工業、食品加工業などの施設では、床面を保護に注目しており、産業用フロアコーティングの需要を喚起しています。エンドユーザーの意識が高まることで、製造工場を認証する必要性に迫られ、市場の成長は後押しされています。

自動車産業や航空産業を中心に、重量のある高性能な機械や装置の使用が増加しているため、効率的な産業用床材のニーズが高まっています。滑らかな床面に対する需要の高まりは、車輪による動きを強化したマテリアルハンドリング機器の技術的進歩に起因するものです。産業用フロアコーティング市場は、製造装置の増加に伴い、内装の損傷や化学物質の漏出から保護を目的として発展していくことが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]