獣医用画像処理の市場規模、2022年から2030年にかけてCAGR6.3%で成長予測

獣医用画像処理の市場規模は、2021年に16億米ドルに達し、2022年から2030年にかけてCAGR6.3%で成長することが予測されています。ペット人口の増加が市場全体の成長に大きく寄与しています。ペット数の増加と相まって、ペットの養子縁組が増加しており、質の高い獣医学的ケアサービスの提供に重点が置かれています。このケアには、定期的な健康診断、病気の早期発見、最適な治療、早期回復のためのソリューションが含まれ、動物用画像処理産業の需要が高まることが予想されます。

ペットが巻き込まれる事故の増加も、同市場の需要増に寄与しており、市場の拡大を後押ししています。さらに、動物用アプリケーションに特化した新技術に基づく効率的な機器を開発するため、研究開発活動も増加しており、世界市場の成長を後押ししています。

獣医学用画像処理とは、病気や骨折を診断するために動物の医療画像を収集する獣医学の分野です。骨だけでなく軟部組織の問題を特定し、神経の損傷や機能不全の検出を支援することができます。さらに、回復の経過を追跡するための強力なツールの一つとしても認識されています。獣医学的画像処理には、機器、ソフトウェア、消耗品/試薬が含まれます。動物用画像診断機器は、X線撮影、超音波診断、MRIなど、さまざまな画像技術に基づいています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]