炭酸ジメチルの市場規模、2022年から2028年にかけてCAGR5.3%で成長予測

炭酸ジメチルの市場規模は、2021年に10億3,000万米ドルに達し、2022年から2028年にかけてCAGR5.3%で成長することが予測されています。炭酸ジメチルは、溶剤としてエチル、ベンゼン、アセトン、キシレン、その他の化学物質を徐々に置き換えており、市場の成長を後押ししています。また、インフラ整備や建設が進み、塗料やコーティング剤の需要が高まっていることも、その製造で採用されていることから、炭酸ジメチル市場の成長を後押ししています。

アジア太平洋地域、特にインド、中国、日本を含む国々では、自動車購入が増加しており、自動車産業の拡大から、炭酸ジメチルの需要が加速しています。燃料添加剤としての炭酸ジメチルの用途は大きな市場機会となっており、近い将来、市場統計を押し上げることになると思われます。技術の進歩と持続可能な新しい炭酸ジメチル製造方法の開発により、生産量が増加し、市場規模が拡大することが推測できます。

リチウムイオン電池の需要の増加は、炭酸ジメチルの市場需要を押し上げることが予測されます。リチウムイオン電池は、携帯電話、ノートパソコン、タブレットなどのガジェットや、医療機器や電動工具にもエネルギーを供給することで、持ち運びに便利な電力を提供します。リチウムは、鉱業、エネルギー貯蔵、製造業およびその他の分野における主要な鉱物として、停電時や電力変動時の緊急バックアップ電源としても利用できます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]