電気温水器市場、エネルギー効率の高いシステムに対する需要により、2030年まで大幅に拡大予想

電気温水器市場は、エネルギー効率の高いシステムに対する需要の高まりにより、2030年までに大幅に拡大すると予想されています。また、急速な都市化と製品のカスタマイズ化が進み、従来の給湯技術からの置き換えニーズが高まっていることも、2030年までの市場を促進する要因となっています。

エネルギー効率を重視する政府の動きは、世界各国の効率的な暖房システムを革新するための研究開発活動を後押ししています。例えば、2021年7月、サラゴサ大学電気工学科による研究で、費用対効果の高いエネルギー管理システムが開発されました。この斬新なシステムは、不要な負荷を切り離すことでコストを削減することを目的としていました。さらに、このデバイスは、Raspberryプラットフォームで無料配布ソフトウェアを使用し、Webページを通じてシステムを監視しています。

主要企業は、電気温水器市場における競争力を獲得するために、戦略的パートナーシップやコラボレーションに注力しています。例えば、2021年10月、アメリカの給湯器・ボイラーメーカーであるA.O Smith社は、カナダに拠点を置く給湯器メーカーGiant Factories Inc.を約1億9,200万米ドルで買収しました。この買収により、A.O Smithはカナダでのプレゼンスを拡大することができました。

他にも、2022年5月、アメリカの家電メーカーであるGE Appliancesは、サウスカロライナ州カムデンに金属加工、溶接、ロボット部隊からなる7,000万米ドルの新しい給湯器生産施設をオープンしました。この新工場は将来の拡張を想定して建設され、同社の給湯器製造のセンター・オブ・エクセレンスとして機能しています。

電気温水器市場は、用途、製品、容量、地域の観点から分類されています。

製品別に、市場は、インスタントとストレージに分けられます。ストレージ式は、スマートで効率的なシステムに対する消費者の意識の高まりとともに、複数の容量で製品を利用できることから、需要の急増が目撃される可能性があります。

容量別に、市場は、30リットル以下、30〜100リットル、100〜250リットル、250〜400リットル、400リットル超に分類されます。400リットル以上は、大型住宅や別荘の建設に伴う投資の増加により、市場規模が拡大することが予測されています。

用途別に、市場は、商業用と住宅用に分けられます。住宅セグメントでは、従来の給湯器の置き換えに伴う電気料金の節約ニーズの高まりにより、2030年までに高いシェアを獲得すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]