マイクロCHP市場、暖房需要の増加により2030年まで堅調に成長

マイクロ熱電併給 (マイクロCHP)市場は、暖房需要の増加により、2030年までに堅調な伸びを示すと予測されています。また、厳しい排出規制や各国の工業化・都市化の進展が、今後の市場成長を促進すると期待されています。

熱電併給技術は、石油、石炭、またはその他の技術や燃料を使用して、高効率の電気および熱エネルギーを供給する技術です。COVID-19の流行時には、プロジェクトの試運転計画の大幅な遅れや、厳格な閉鎖と社会的混乱による製造業務の停止によって、市場はマイナスの影響を受けました。

しかし、先進国におけるマイクロCHPの研究開発業務の進歩は、この業界に成長機会をもたらしています。また、温室効果ガス排出量の制限への政府の指示も、市場の拡大に寄与しています。

さらに、マイクロCHP市場の主要プレーヤーは、業界での存在感を高めるために、M&Aなどの成長戦略を採用しています。例えば、2022年1月、チェコのエンジニアリング会社であるTEDOMは、ポーランドで、Zaklady Gorniczo-Hutnicze Boleslaw S.A.のCHPガスプラント建設プロジェクト(計画生産能力589万kWの温水式熱供給プラント)を受注しました。

また、2022年4月には、日本の重機メーカーであるヤンマーが、ヘルモンドに拠点を置く新興電池技術企業であるEleo Technologies B.V.の株式の過半数を取得しました。ヤンマーは、Eleoの高度な電池技術の統合により、オフロード用の電動パワートレイン機能の拡充を目指しました。

さらに、2022年5月には、建設機械メーカーのCaterpillar社が、ミネソタ州の非営利エネルギー事業者であるDistrict Energy St. Paulと3年間のプロジェクトを開始した。水素を燃料とするCHP(熱電併給)システムの実証を目的としたこのプロジェクトは、米国エネルギー省と国立再生可能エネルギー研究所がバックアップしています。キャタピラー社のCHPシステムは、電気と熱の両方を供給するため、高効率で、GHG排出量を削減することが出来ます。

マイクロCHP市場は、原動機、容量、燃料、用途、地域別に分類されます。燃料別に、市場は、石油、天然ガス・LPG、石炭、再生可能資源に分類されます。石炭分野は、2030年末までにCAGR7%で増加することが予測されています。

原動機別に、市場は、燃料電池、内燃機関、スターリングエンジンに分けられます。内燃機関セグメントは、発展途上国での急速な都市化とともに、進行中の送電網の近代化により、安定した成長を示すと思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]