ECMO (体外式膜型人工肺)市場:2021年成人セグメントが40.0%の収益シェアを獲得

ECMO (体外式膜型人工肺)市場は、心肺疾患や呼吸不全の症例が増加していることから、2030年までに大きく成長すると予想されます。また、感染症が増加していることや、ECMO装置のさまざまな利点に対する認識が高まっていることも、今後数年間で市場成長を加速させる可能性があります。

COVID-19の流行期間中、重症患者のための余剰生命維持システムに対する要求が高まったため、市場は急激な需要を目撃しました。特に、ECMOセクターにおける有利な政府政策と支援的な投資は、市場収益をさらに押し上げています。例えば、2022年5月、フロリダ州ネープルの非営利医療システムであるノースコリアー病院(NCH)ヘルスケアシステムは、心臓患者に余命保護を提供するためにECMO装置に多額の投資を行いました。NCHは、8人のECMO患者に一度に数時間から数週間のサポートを提供できる設備を整えたと報告しています。

さらに、業界の主要企業は、ECMO市場で優位な地位を維持するために、製品革新と技術進歩に積極的に参加し、製品状況にプラスの影響を与えています。例えば、2020年8月、医療機器企業のTerumo Cardiovascularは、クリティカルケア免疫療法のエキスパートであるCytoSorbentsと協力し、CytoSorbを米国のCOVID-19ホットスポット10州にわたる病院に販売し、呼吸不全が確認または切迫した重症成人患者に使用することを決定しました。

ECMO (体外式膜型人工肺)市場は、患者の年齢、モダリティ、用途、地域別に分類されます。

モダリティ別に、市場は、静脈(VV)、静脈動脈(VO)、動静脈(AV)に分類されます。静脈瘤(VV)セグメントは、2022-2030年の間CAGR1.9%で成長すると予想されます。これは、患者に提供される一時的な肺活量や心肺サポートなど、VVの特筆すべき利点に起因しています。

アプリケーション別に、市場は、体外心肺蘇生(ECPR)、心臓、呼吸器に分類されます。呼吸器用途セグメントは、2021年に65.0%以上の市場シェアを占めました、慢性閉塞性肺疾患(COPD)などの呼吸器系疾患を患う患者に呼吸補助デバイスの需要が急増していることから、2022-2030年の間、需要が急増することが予想されます。

患者の年齢別に、市場は、成人、小児、幼児に分類されます。2021年、成人セグメントは約40.0%の収益シェアを獲得しました。成人のECMO手順の大幅な増加およびCOVID-19に対する老年人口の高い脆弱性は、製品の採用を加速させると予想できます。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、研究開発活動への投資の増加、患者人口の増加、ラタム地域での大手企業の存在感の拡大を理由に、2022年から2030年にかけてCAGR3.1%で成長すると推測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]