動物医療市場: 2021年は農場動物セグメントが市場シェア40.8%を占有

動物医療市場は、動物の身体的・精神的な健康のための動物医療サービスへの意識の高まりから、2030年までに大きく成長すると予想されています。また、放牧動物、家畜、犬や猫などのコンパニオンアニマルの飼育率が世界的に上昇しており、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

COVID-19の大流行時には、移動や業務の制限が市場成長の脅威となりました。しかし、ペットの飼い主や食用動物農家の間でグルーミングや医療サービスに対する意識が高まり、市場規模が拡大しています。さらに、動物の健康を促進するための政府のイニシアチブは、さらに業界の成長を増強しています。

例えば、2022年2月、米国農務省は、米国内の獣医サービスの不足を解消するために、動物医療助成プログラム(VSGP)を導入しました。 VSGPは、獣医が特別なスキルを獲得し、農村地域で不足がちな動物医療を提供するために、獣医の教育、拡張活動の提供、練習強化イニシアチブを目的としています。

さらに、動物医療市場の主要参加者は、この分野で競争力を得るために、異なるセグメントへの特化とともに、コラボレーションやパートナーシップなど、さまざまな成長戦略に取り組んでいます。例えば、2021年8月、著名な動物医療サービス機関であるEthos Veterinary Healthと、動物病院のグローバルコミュニティであるNational Veterinary Associates(NVA)は、動物医療の発展に向けた提携を発表しました。NVAはまた、動物の複雑な病状に対する診断・治療法を改善するため、Ethos Discoveryに約1,000万米ドルを投資しました。

他にも、2022年1月、ヘルスケアサービス企業のIDEXX Laboratories Inc.は、米国とカナダで、獣医師ががんの診断と治療に秀でることができるリファレンスラボを拡張することを発表しました。この研究所は、DNA配列決定技術を用いたリキッドバイオプシー検査、組織の生検のための診断パネル、がん治療を管理するための新規診断プロファイルを提供しています。

動物医療市場は、動物の種類、サービスの種類、地域別に分類されています。

サービスの種類別に、市場は、物理的健康モニタリング、診断テストとイメージング、手術、およびその他に分類されます。その他セグメントは、2021年に117億米ドル超の売上を占めました。

動物の種類別に、市場は、農場動物とコンパニオンアニマルに分けられています。2021年は、農場動物セグメントが約40.8%の市場シェアを占めています。

地域別に、ラテンアメリカ市場が2021年に約3.7%の市場シェアを占めました。一方、中東・アフリカ市場は、2022-2030年の間CAGR4.9%で成長すると予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]