睡眠時無呼吸症候群市場:2021年は、閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)が市場収益の92%超占有

睡眠時無呼吸症候群用インプラント市場は、その患者数の急増により、2030年までに着実に成長することが予想されます。また、睡眠時無呼吸症候群に関する認知度の向上や、症状を患う高齢者の増加が、2022-2030年の間、同市場の成長を促進するものと思われます。

COVID-19の流行時には、移動が制限され、コロナウイルス感染の治療法開発が優先されたため、睡眠時無呼吸症候群関連業界は事業活動の停止を余儀なくされました。パンデミック終息後には、睡眠時無呼吸症候群に関する意識の高まりが、市場の発展を後押しするものと思われます。

同時に、政府のさまざまな取り組みや、官民企業による大規模な投資が、消費者の関心を高めています。例えば、2021年2月、米国FDAは、起床時間に軽度の睡眠時無呼吸症候群を沈静化すると報告された舌筋刺激装置eXciteOSAの使用を承認しました。このデバイスは、日中の舌筋機能を改善し、最終的に夜間の舌の動きを改善し、閉塞性睡眠時無呼吸症候群を予防するとされています。

注目すべきは、業界の主要プレイヤーが、買収やパートナーシップなどの成長戦略と相まって、睡眠時無呼吸症候群用インプラント技術の革新に投資しており、ビジネスの成長を促進している点です。例えば、2022年4月、医療治療ソリューションのプロバイダーであるNatus Medical Incorporatedは、大手ヘルスケア投資会社であるArchimed Groupに約12億米ドルで買収される契約を締結しました。この契約により、Natusの株主は1株あたり33.50ドルの現金を受け取ることになりました。

市場は、最終用途、製品、適応症、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、口蓋インプラント、骨ネジシステム、横隔神経刺激装置、舌下神経刺激装置に分類されます。横隔神経刺激装置は中枢性睡眠時無呼吸症候群管理のための採用が増加しており、2021年に2,400万米ドルを超える評価額を記録しました。

適応症別に、市場は、中枢性睡眠時無呼吸症候群と閉塞性睡眠時無呼吸症候群に分割されます。閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)は、認知度の急上昇、疾患罹患者数の増加、複数の治療選択肢の利用可能性により、2021年の市場収益の92%以上を占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]