航空転用ガスタービン市場、発電の利便性が高まり2030年までに大きく成長予測

航空転用ガスタービン市場は、熱と発電の利便性を高めるための投資の増加により、2030年までに大きく成長することが予測されています。また、既存の電気インフラの再構築に加え、有利な政府規範が、今後数年間で市場を成長させる可能性があります。

COVID-19の流行は、石油・ガスメーカーが厳しい安全基準に照らして操業を停止せざるを得なかったため、市場にマイナスの影響を与え、事業の成長を脅かすことになりました。しかし、操業停止が緩和され、事業が再開されたことにより、近年では業界の成長を後押ししています。

さらに、業界の主要参加企業は、持続可能な製品ラインを革新し、航空転用ガスタービン市場における地位を向上させるための研究開発活動に戦略的に投資しており、製品状況にプラスの影響を及ぼしています。例えば、三菱重工業のエネルギーソリューションブランドである三菱パワーは、2022年3月、ウズベキスタン共和国タシケント市でCHP事業を展開するJSC Tashkent HPPが運営する天然ガス焚きコジェネレーションプラントプロジェクト向けに、32MW/基のH-25ガスタービンを2基受注しました。同プラントは2024年の運転開始を予定しています。

航空転用ガスタービン市場は、用途、技術、容量、地域の観点から分類されています。

容量別に、市場は、50kW以下、50kW超500kW以下、500kW超1MW以下、1MW超30MW以下、30MW超70MW以下、70MW以下に分類されています。50kW以上500kW未満は、GHG排出を制限する政府の厳しい規制により、今後大幅に成長することが予測されています。

効果的なエネルギー節約に向けた環境問題の高まりにより、今後数年間は容量500kW超1MW以下の航空転用ガスタービンの需要が高まると予想されます。容量30MW超70MW以下セグメントは、持続可能なエネルギー開発への注目が高まっていることから、明るい見通しを達成すると予測されています。

技術別に、市場は、コンバインドサイクルとオープンサイクルに分類されます。コンバインドサイクルセグメントは、2030年まで着実な成長を記録するものと思われます。急速な工業化に伴う製造業の堅調な拡大が、同分野の成長を促進すると予測されています。

用途別に、市場は、船舶、石油・ガス、航空、発電所、プロセスプラントに分類されます。発電所セグメントでは、発電エネルギーの効率的な利用に伴い、節電基準が強化された結果、2030年末までに顕著な利益を上げることが予想されます。また、船舶数の増加や、大規模な顧客基盤に起因する継続的な技術進歩により、船舶用途での製品採用が増加することが予想されます。一方、プロセスプラント向けは、2022-2030年の間CAGR6.6%の成長が見込まれています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]