自動車診断スキャンツール市場:安全性と利便性に対する需要から、車両健康警告とロードサイドアシスタンスセグメントが2021年に20.2%の市場シェア獲得

自動車診断スキャンツール市場は、ハイエンド車に対する消費者の嗜好の高まりにより、2030年までに驚異的に拡大すると予測されています。また、カーボンフットプリント削減のための排気ガス規制の強化や、電気自動車の普及率の上昇も、今後数年間の市場成長を促進する可能性があります。

COVID-19の大流行時には、世界中で自動車診断スキャンツールの需要の減少が見られました。しかし、パンデミック後には、定期的な車両の修理やメンテナンスの必要性が高まっており、市場は回復しております。また、政府や公的機関がスマートモビリティを推進し、二酸化炭素排出量がゼロのグリーンモデルを開発したことで、消費者の関心が高まり、製品の見通しも良くなっています。

自動車診断スキャンツール市場の主要企業は、製品イノベーションと効率的な成長戦略に注力しており、業界の競争環境に好影響を与えています。例えば、2022年3月、世界的な産業通信プロバイダーであるSofting AGは、電気自動車やハイブリッド車のHVコンポーネントを安全にテストするためのソリューションである、高電圧テストアダプターを発表しました。この製品は、迅速な診断のためにすべてのクエリーをシステムに供給するため、ユーザーフレンドリーでデータ駆動型となっています。

他にも、2022年4月、自動車用工具とシステムの世界的メーカーであるSnap-on Incorporatedが、スナップオン診断プラットフォームソフトウェアをアップグレードし、プラットフォームの機能向上を実現しました。この技術革新は、より優れた機能とカバー範囲を持ち、ユーザーはファーストトラック診断、ライブバッテリー電圧読み取り、スマートデータグラフ表示など、最先端の診断ソリューションを利用することができます。

自動車診断スキャンツール市場は、ツールタイプ、提供物、車両タイプ、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。

アプリケーション別に、市場は、排出制御、車両追跡、自動車衝突通知、車両健康警告とロードサイドアシスタンス、修理とメンテナンスに分類されます。自動車衝突通知分野は、事故発生時にドライバーに助けを求めるために必要な支援を提供するため、2022-2030年の間CAGR5.9%の安定した成長を示すと予想されます。また、車両健康警告とロードサイドアシスタンスセグメントは、乗客の安全性と利便性に対する需要の高まりから、2021年に約20.2%の市場シェアを獲得しました。

地域別に、中南米市場は、同地域における車両保有台数の増加により、2022-2030年の間CAGR6.6%で成長すると推測されます。一方、中東・アフリカ地域では、地域全体で複雑な電子回路を持つ高級車の購入が増加していることから、2021年には業界全体の収益の5.69%以上を占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]