水熱源ヒートポンプ市場、エネルギー効率の高い暖房システムへの需要増により2030年まで拡大予測

水熱源ヒートポンプ市場は、エネルギー効率の高い暖房システムへの需要急増により、2030年までに驚異的な成長を遂げると予想されています。また、急速な都市化・商業化に加え、暖房に対する消費者の嗜好の高まりが、今後の市場成長を促進するものと思われます。

COVID-19パンデミックは、移動と社会的距離の義務化により、企業経営に脅威を与えました。しかし、閉鎖が緩和されたことでメーカーは操業を再開し、業界の成長は回復しつつあります。さらに、従来の空調システムが環境に与える悪影響から、二酸化炭素排出量の少ない持続可能な給湯システムの導入が促進され、近年、消費者の関心が高まっています。

さらに、化石燃料の消費を抑え、バイオベースの生産を促進する政府の政策と継続的な研究開発が相まって、水熱源ヒートポンプ市場の成長を促進しています。例えば、Applied Thermal Engineeringに掲載された2022年3月の研究では、中国のSchool of Municipal and Environmental Engineeringの研究者が、風呂の廃液からの熱回収のための汚水源ヒートポンプの特性について一連の実験を実施しました。その結果、1年間の連続運転で、標準的な石炭を4.29×104kg燃焼させた場合と同程度のエネルギーが節約できたと結論づけています。

他にも、2021年10月、英国政府は、クライド川の水を利用し、冷暖房システムソリューションのStar Renewable Energy社の産業用水源ヒートポンプ2台をグラスゴーのクイーンズキーに設置して近隣の住宅に供給するよう設計した、地域初の地域暖房プロジェクトの開始を正式に発表しています。

水熱源ヒートポンプの市場参加者は、環境に優しいシステムを提供するための研究開発活動に従事しています。著名な企業買収や提携も、事業の成長を後押ししています。

例えば、2021年7月、冷暖房システムのメーカーであるTran Technologiesは、エネルギー効率、音響性能、サービス性を強化するために、Axiom水源ヒートポンプラインから垂直モデルを再設計しました。この新しいポンプは、統合制御、優れたメンテナンス性、超高エネルギー効率、および消音性を提供するとしています。

水熱源ヒートポンプ市場は、技術、用途、製品、地域別に分類されています。

技術面では、ハイブリッド、クローズドループ、オープンループに分類されます。オープンループセグメントは、2030年までに力強い成長を遂げると予測されています。低ランニングコストとゼロエミッションで建物に効率的な冷暖房を供給できるこの技術は、オープンループ水熱源ヒートポンプの展開にプラスの影響を与えると考えられています。

地域別に、アジア太平洋市場がCAGR4%を記録すると予想されています。一方、ラテンアメリカ市場は、暖房モード時のコンプレッサーサイクルの低減や静かな動作といった製品特性に支えられ、2030年までに高いシェアを獲得すると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]