機械翻訳市場、高速かつコスト効率の高い翻訳への需要から、2030年までに大幅な成長予想

機械翻訳市場は、高速かつコスト効率の高い翻訳への需要が高まっていることから、2030年までに大幅な成長を遂げると予想されています。また、世界的なスマートデバイスの普及や、企業のマーケティング戦略やコンテンツのローカライズニーズの高まりが、今後の市場成長を後押しするものと思われます。

業界の主要企業は、よりローカライズされた機械システムの研究とともに、製品ポートフォリオを拡大しており、今後の製品開発に期待が寄せられています。例えば、2022年5月、アルファベット傘下のテックリーダーであるGoogleの研究チームは、「次の千の言語のための機械翻訳システムの構築」と題した新しい論文の中で、千以上の言語を翻訳できる実用的な機械翻訳システムを提案しました。この研究では、データ駆動型のフィルタリング技術を含めること、100以上の高リソース言語に対する実用的なMTモデルを開発すること、最高の結果を出すために言語の制限を研究することに重点を置いています。

機械翻訳市場は、展開モデル、アプリケーション、テクノロジー、地域別に分類されています。

テクノロジー別に、市場は、HMT、NMT、SMT、EBMT、RBMTに分類されます。SMT市場は、生産性の向上と翻訳における人的依存の低減を目的とした自動化の浸透により、堅調な成長が見込まれています。

RBMT市場は、技術的な進歩やイノベーションへの注目が高まり、新たなソリューションの発表につながっていることから、今後の成長が期待されます。また、リアルタイム言語翻訳技術に対する需要の高まりや、用例対訳技術の採用が拡大していることも、EMBT市場の成長を後押しする要因となっています。

展開モデル別に、市場は、クラウドとオンプレミスに分かれています。クラウドセグメントは、大企業や中小企業での採用が進んでいることから、明るい見通しが期待されます。

用途別に、市場は、軍事・防衛、自動車、IT・通信、BFSI、ヘルスケア、電子商取引、エレクトロニクス、その他に分類されます。自動車分野は、自動車メーカーが国際市場への参入に注力する中、自動車翻訳やローカリゼーションの需要が高まっていることから、今後数年間、同市場の成長に大きく貢献すると予想されています。

世界的なエレクトロニクス産業の発展により、技術文書翻訳のための最先端の機械翻訳ソリューションの需要が高まり、エレクトロニクス分野の成長に拍車がかかると思われます。ヘルスケア分野はデジタル化の浸透により、今後も堅調な成長を示すことが予測されます。

また、軍事・防衛分野は、セキュリティ向上のための高度な技術ソリューションの展開により、2030年までに大きな成長を遂げると予測されています。その他の分野は、2030年まで安定したペースで成長すると予想されます。他のアプリケーションの中でも、メディア&エンターテインメントセクターは、自動字幕、編集、ライブキャプション、および資産管理のための機械翻訳ソリューションを採用しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]