蒸気タービン市場:非従来型エネルギーへの消費者志向により、2030年まで拡大予測

蒸気タービン市場は、非従来型エネルギー利用への消費者志向の高まりにより、2030年までに大きく成長することが予想されています。また、この分野への投資の増加や、コンバインドサイクル発電への注目が高まっていることも、2030年までの市場成長をさらに促進するものと思われます。

COVID-19の大流行により製造業務が停止し、市場成長への脅威となりました。しかし、大流行後には、二酸化炭素排出量を削減するための措置と急速な工業化によって様々な機会が生まれ、蒸気タービン市場の成長を後押しすると思われます。

さらに、主要プレイヤーは、業界での競争力を得るために、製品革新と相まって、パートナーシップやコラボレーションなどの成長戦略に力を入れており、ビジネスシナリオにプラスの影響を与えています。例えば、2022年3月、ガス発電技術に特化したGE Gas Powerは、大型タービンメーカーのHarbin Electricとともに、中国国営電力会社の深センエネルギーグループへの発電設備供給契約を獲得しました。この契約によると、両社は深圳能源公司の光明発電所向けに蒸気タービンを供給することで合意しています。

蒸気タービン市場は、排気、技術、容量、設計、最終用途、燃料、地域によって分類されています。

設計別に、市場は、反動型と衝動型に分けられます。反動型は、石炭発電機の代替として天然ガスタービンの採用に注目が集まっており、2030年までを通じて明るい見通しが得られると予想されます。

排気別に、市場は、凝縮型と非凝縮型に分類されます。産業インフラの拡大や需給ギャップの解消に向けた取り組みにより、非凝縮型セグメントの成長が後押しされると思われます。

燃料別に、市場は、地熱、化石燃料、バイオマスに分類されます。地熱セグメントは、非在来型エネルギー資源の導入に焦点が移っていることから、2030年までに大幅な成長が見込まれています。

最終用途別に、市場は、公益事業用と産業用に分類されます。産業用では、新産業分野への投資拡大や自家発電の需要増により、2030年まで大幅な拡大が見込まれています。

容量別に、市場は、100MW超、3MW超〜100MW、3MW以下に分類されます。3MW以下の市場は、政府の施策や経済成長の回復により、堅調に推移することが予想されます。また、中規模産業の活発な拡大も、このセグメントの発展に拍車をかけると考えられます。

技術別に、市場は、コジェネレーション、蒸気サイクル、コンバインドサイクルに分類されます。蒸気サイクル技術は、2022-2030年の間CAGR5.4%の成長が見込まれています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、2021年に5億米ドルと評価されており、2030年までに高いシェアを獲得することが予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]