北米のHVACケーブル市場、スマートグリッド網の拡大により、2030年まで大幅な成長予測

北米のHVACケーブル市場は、スマートグリッド網の拡大により、2030年までに飛躍的な成長を遂げると予測されています。また、厳しいエネルギー効率改革と既存のグリッドネットワークの交換により、2030年までの市場成長を後押しするものと思われます。

最近では、少ない電力損失で、効率的に使用できる製品の開発が、業界の支持を集めています。また、効率的なエネルギー資源に関する政府の改革や後押しにより、既存の送電網を効果的に改修する機会が生まれ、製品の採用に弾みがついています。

注目すべきは、業界の主要参加者が、この地域での安定したビジネスポジションを維持するために、製品イノベーションに投資し、戦略的コラボレーションに従事しており、これが北米HVACケーブル市場の拡大に有利に働いていることです。例えば、2021年10月、電線・ファイバケーブルメーカーの住友電工は、アラスカ州の電力会社Southeast Alaska Power Agency向けに69kV AC XLPEと称する海底ケーブルシステムの交換を実施しました。この送電線は、アラスカのウォロンコフスキー島とヴァンク島の間で、深さ700フィート、長さ1万7,400フィートに到ります。

他にも、2022年1月、HVAC/HVDC製品メーカーのNexansが、2本の光ファイバーケーブルと統合した長さ110km、138kVのHVAC海底輸出ケーブルで、ニューヨーク州ロングアイランドに132MWの電力を供給するプロジェクトを受注しています。ケーブルはサウスカロライナ州チャールストンにあるNexans社の電圧工場で製造されています。

北米のHVACケーブル市場は、対象国、電圧、設置場所によって分類されています。

電圧別に、市場は、110 kV超、110 kV-220 kV、220 kV超に分類されます。産業および商業施設全体での需要の増加と、損失を減らし停電を最小限に抑えるための高度なエネルギーネットワークの統合は、2022-2030年の間、110 kV超の製品セグメントが北米HVACケーブル市場のシェアを押し上げると思われます。

北米の220 kV超の電圧HVACケーブル市場は、古くなった電力インフラの交換の増加により、2022-2030年の間、堅調な成長を見せると思われます。また、スマートグリッドエネルギーネットワークの拡張と開発への注目が高まっていることも、同市場の成長を後押ししています。

設置場所別に、市場は、地下、海底、架空に分類されます。地下設置型は、政府の政策や高度な電力インフラ設置の義務付けにより、大幅な成長を遂げると予想されます。

対象国別に、北米のHVACケーブル市場は、既存の送配電(T&D)インフラの改修や交換により、カナダが顕著な成長を見せると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]