データセンターUPS市場、クラウドとオンラインサービスの利用増により、2028年までに大幅に成長予想

データセンター用UPS市場は、世界中でクラウドコンピューティングとオンラインサービスの利用が増加していることから、2028年までに大きく成長すると予想されています。また、発展途上国における急速なインフラ整備や都市化が、市場成長を後押しするものと思われます。

コロナウイルスの流行は、事業活動の制限や厳重な封鎖により、市場にマイナスの影響を及ぼしました。しかし、大流行後のシナリオでは、オンラインサービスやリモートワークを管理するためのデータセンターに対する需要の高まりが、市場全体のビジネスダイナミクスに恩恵をもたらしています。

さらに、主要な参加企業は、消費者へのリーチを拡大するために製品イノベーションを重視し、ビジネスの成長を促進しています。例えば、2022年5月、ネットワークインフラストラクチャソリューションの開発企業であるPanduitは、電力および環境モニタリングシステムの統合により、資産、接続、ラックアクセスを管理するクラウドベースのアプリケーション、SmartZone Cloud Softwareを発売しました。この技術革新により、データセンターの運営者は、許可されたデバイスからデータとリソースを監視し、世界のどこからでも重要なインフラストラクチャに関する効果的な意思決定を行うことができます。

データセンター用UPS市場は、アプリケーション、データセンター規模、コンポーネント、地域別に分類されています。

データセンターの規模別に、市場は、大規模、中規模、小規模に分類されます。中規模市場は、高い拡張性と柔軟性を提供するクラウドサービスの普及から、今後数年間は明るい見通しが得られると予想されます。

コンポーネント別に、市場は、ソリューションとサービスに分類されます。ソリューションセグメントは、オンラインUPS、スタンバイUPS、ラインインタラクティブUPSにさらに細分化されています。ラインインタラクティブUPSの主な利点である、少ないコンポーネントとエネルギー効率による低コストと高い信頼性は、今後のラインインタラクティブUPSセグメントの発展をサポートすると思われます。

一方、オンラインUPSは、機器の保護を確実にするために電気通信や医療分野での採用が増加しており、2028年までに顕著な収益増を記録すると思われます。

サービスコンポーネントセグメントは、プロフェッショナルとマネージドに分類されます。プロフェッショナルサービスは、企業要件に基づくUPSの設計・実装のための戦略的方向性に注目が集まっており、堅調な拡大が見込まれています。

用途別に、市場は、IT・通信、BFSI、製造、コロケーション、ヘルスケア、エネルギー、政府、その他に分類されています。費用対効果の高いデータ管理ソリューションへの需要が高まっていることから、コロケーションデータセンターにおけるUPSの普及が進むと思われます。一方、エネルギー分野への政府当局の投資は顕著で、今後もその成長を増大させることが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]