ヒートポンプ式給湯器:二酸化炭素排出量削減のための新技術が製品導入を後押し

ヒートポンプ式給湯器市場は、世界中で費用対効果の高い暖房システムへの需要が急増していることから、2030年までかなりの速度で発展すると予想されています。

近年、ヒートポンプ式給湯器業界の大手企業は、二酸化炭素排出量を削減するための新技術の導入に取り組んでおり、これが製品見通しを後押ししています。例えば、2022年5月、空調、換気、暖房、冷媒ソリューションの大手メーカーであるダイキンは、The Hotel Show Dubai 2022で、ヒートポンプだけでなく冷凍機の独自の暖房ソリューションを発表しました。このソリューションは、ホスピタリティ業界におけるエネルギー効率と最適化を保証することで、企業の持続可能性目標を達成するために設計されています。

日本の電力会社である三菱電機とアイルランドに本社を置く工業メーカー、Trane Technologiesが共同出資するMETUS(Mitsubishi Electric Trane HVAC US)は、2021年10月、化石燃料による暖房システムの脱炭素ソリューションとして、工業・商業用途のCO2ヒートポンプ給湯機Heat2Oを米国の一部地域で発売開始しました。

Heat2Oは、インバータ技術とスクロールコンプレッサーを搭載した自己完結型の室外機として構築されており、各ユニットのガスクーラーは、熱伝達を最適化する特許技術に支えられた6つのスパイラル型熱交換器を備えています。例えば、シアトル住宅局のベイビュータワーズでは、古い電気ボイラーをヒート2Oヒートポンプユニットに置き換え、合計約1000ガロン(4546L)の貯湯タンク3基分の温水を生産しています。

ヒートポンプ給湯機の市場は、容量、用途、地域別に分類されています。容量別に、市場は、50ガロン以下、50〜100ガロン以下、100〜200ガロン以下、200ガロン超に分類され、200ガロン超のセグメントは、2022-2030年の間CAGR6%で成長すると予想されます。

地域別に、中東・アフリカ市場は、堅調な成長を記録するものと思われます。商業化に向けた海外投資の増加と好調なマクロ経済指標により、同地域全体でヒートポンプ給湯機システムの展開が促進されており、今後数年間で市場の発展を促すと予測されます。

一方、ラテンアメリカ市場は、2030年まで安定したペースで成長すると予測されており、人口増加や、水や暖房器具への消費者の支出の増加が、同市場の成長を促すことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]