循環型ポリマー市場:リサイクル品へのニーズ増により、2030年まで急速に拡大予測

循環型ポリマー市場は、循環型経済への移行に伴うリサイクル品へのニーズの高まりにより、2030年まで急速に拡大すると予想されています。

主要な市場参加者は、技術革新に向けて継続的に取り組んでおり、業界の拡大に有利に働くことが証明されています。例えば、2022年4月、サウジアラビアに拠点を置く化学メーカーSABIC(Saudi Basic Industries Corporation)は、2022年末までに欧州市場向けに循環型ポリマーの生産を開始する計画を発表しました。また、同社は、オランダのゲリーンにあるPlastic Energyと共同で、ケミカルリサイクルプラントを立ち上げることを発表しました。

さらに、企業は戦略的提携を結んで製品提供を強化し、循環型ポリマーの市場ダイナミクスを改善することにも注力しています。例えば、2021年12月、フランスの石油・ガス会社であるTotalEnergiesと、プラスチックに関する専門知識を持つ自動車サプライヤーであるPlastic Omniumは、自動車分野向けに再生ポリプロピレンを用いて製造した新規プラスチック材料を開発するための戦略的パートナーシップを締結しました。

このパートナーシップにより、この二社は、それぞれの専門技術を結集し、製品性能を向上させるとともに、使用済みプラスチックが抱える問題を解決する新型リサイクル素材を開発することを目指しています。これらの新素材は、産業廃棄物や家庭廃棄物から回収された再生材料20%~100%で構成されており、バージン材料に比べて最大6倍のCO2排出量を削減することが期待できます。また、循環型経済の課題に取り組むことで、2030年までに再生可能なポリマーとリサイクルポリマーの30%達成を目標としています。

循環型ポリマー市場は、ポリマー、用途、地域の観点から分類されています。

ポリマー別に、市場は、PET、ポリエチレン、ポリプロピレン、PVC、その他に分類されています。PVCセグメントは、2030年には全体の2.40%の収益シェアを獲得することが予測されます。その他のセグメントは、2030年には195億米ドルの評価額に達すると予測されています。

用途別に、市場は、建築・建設、電気・電子、自動車、包装、農業、その他に分類されています。電気・電子分野は、今後CAGR10%以上で成長することが予想されています。その他分野は、2022年から2030年にかけてCAGR9.5%を記録すると予測されています。

地域別では、中南米市場は、2022年から2030年にかけてCAGR9%で成長すると予測されています。さらに、中東・アフリカ市場は、2030年には市場規模85億米ドルを超えると予想されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]