エッジコンピューティング市場、クラウドユーザーのコンピューティング需要により、2030年まで拡大予想

エッジコンピューティング市場は、クラウドユーザーの膨大なコンピューティング需要により、2030年までに大きく拡大することが予想されています。また、IoTネットワークによる大量のデータ急増が、2022-2030年の間の業界の成長を促進する可能性があります。

COVID-19の流行時には、リモートワークへの移行により、シームレスなビジネスオペレーションを確保するためのクラウド利用のシフトが進んだため、業界は大きな人気を博しました。これは、主要なプレーヤーがビジネスのプレゼンスを向上させるため、効果的な技術革新を通じて製品ポートフォリオを拡大することに注力したことに起因しています。例えば、2022年5月、クラウドソリューションの大手プロバイダーであるCiscoは、セキュリティ認証をより身近なものにするため、クラウドコントロールフレームワーク(CCF)を発表しました。

エッジコンピューティング市場は、アプリケーション、企業規模、コンポーネント、産業分野、地域に基づいて分類されています。コンポーネント別に、市場は、ハードウェア、ソフトウェア、サービスに分類されています。さらに、ハードウェアセグメントは、センサー、ノード、その他に細分化されています。

2021年には、膨大なネットワークデータトラフィックを管理するためのハイコンピューティングパワーのハードウェアの需要が高まっていることから、ノードセグメントが約45%の市場シェアを占めました。センサーセグメントは、デジタルクラウドから直接工場現場のデータをロード/アンロードする傾向が高まっていることから、2021年の市場シェアは30%超となりました。

一方、サービスコンポーネントセグメントは、トレーニング&教育、サポート&メンテナンスに分別されます。トレーニング&教育セグメントは、エッジサービスの効果的な導入に対する需要から、2030年まで、CAGR30%で大幅な成長を遂げると予想されます。

アプリケーション別に、市場は、リモートモニタリング、AR/VR、産業用IoT、コンテンツ配信、その他に分類されます。コンテンツ配信セグメントは、高速ストリーミングと高品質コンテンツ配信の需要増により、2022-2030年の間CAGR25%で拡大すると思われます。

業界別に、市場は、ヘルスケア、BFSI、製造、小売、IT&テレコム、公益事業、政府、その他に分類されます。IT&通信業界は、企業全体でBYOD(Bring Your Own Device)トレンドが拡大していることから、2021年にシェア15%超となりました。2021年に製造業が約25%の業界シェアを獲得したのは、製造業全体における産業用IoT導入への前向きな見通しによるものです。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]