耳鼻咽喉機器市場:音声補綴機器セグメントは、口腔がん・咽頭がんの増加から2021年シェアの6%達成

耳鼻咽喉(ENT)機器市場は、世界中で耳鼻咽喉科疾患の有病率が上昇していることから、2030年まで大幅に成長すると予想されています。さらに、耳鼻咽喉科の技術進歩、低侵襲性耳鼻咽喉科処置に対する需要の急増、人口の増加が、2030年までの市場成長を促進する可能性があります。

COVID-19の流行時には、病院内で新型コロナウイルスにさらされるリスクを抑えるために、選択的手術の延期が広まり、製品需要の減少を招きました。さらに、高い手術費用や器具費用、耳鼻咽喉科疾患に関する認識不足が、業界の成長に対する脅威となっています。一方、技術の進歩や政府の助成政策が市場の拡大を後押ししています。

業界の主要企業は、存在感を高めるために、製品イノベーションとコラボレーションやパートナーシップなどの成長戦略に取り組んでおり、ENTデバイス市場の成長を後押ししています。例えば、2020年5月、耳鼻咽喉科補助器具のメーカーであるSmith & Nephewは、鼓膜切開チューブの配置のためのTula Systemを発売しました。この技術革新により、外科医は全身麻酔を行うことなく、小児に耳管を挿入することができるようになりました。

また、2022年4月には、補聴器メーカーのStarkeyが、動画配信会社のアマゾンと共同で、MediaTekのチップ技術を搭載したStarkeyの補聴器とアマゾンのFire TV cubeをBluetoothで接続して、聴覚障害のある人のテレビ視聴体験を向上させる新技術を発表しています。

別の事例では、2022年5月、耳鼻咽喉科機器の主要メーカーであるMedtronicが、副鼻腔インプラントメーカーのIntersect社の買収を完了した。この買収により、同社は副鼻腔手術用に考案された革新的な製品でENTポートフォリオを拡大し、より良い術後結果を提供し、鼻ポリープ治療の支援に成功しました。

耳鼻咽喉科機器市場は、エンドユーザー、製品、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、鼻スプリント、外科用耳鼻咽喉科用機器、聴覚インプラント、音声補綴機器、診断用耳鼻咽喉科用機器、補聴器に分けられます。音声補綴機器セグメントは、口腔がんや咽頭がんに苦しむ人が増加していることから、2021年の市場シェアは6%以上となりました。

エンドユーザー別に、市場は、耳鼻咽喉科クリニック、外来外科センター、病院、在宅ケアに分類されています。在宅ケアセグメントは、2030年までにCAGR6%を示すと予測されています。これは、可処分所得の上昇とENT製品に関する意識の高まりに起因しています。

地域別に、ラテンアメリカ市場は、高齢者人口の聴覚障害の発生率の上昇のために、2021年に全体の2%を占めました。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]