ガス給湯器市場:貯湯式は、商業施設における温水ニーズにより、2030年までCAGR5%で成長予測

ガス給湯器市場は、エネルギー効率の高い暖房システムの需要が高まっているため、2030年までに大幅な成長を示す可能性があります。また、急速な都市化、製品のカスタマイズの急増可用性、およびリモートグリッド領域の頻繁な停電などを理由に、従来品から新しい給湯システムへの交換の需要が、今後数年間の市場の成長を後押しする可能性があります。

コロナウイルスの大流行により、世界的なロックダウンの制限が、業界にとって脅威となりました。その後、主要参加企業は効率的な製品ポートフォリオを開発するため、一貫した研究活動に従事しています。

さらに、効率的な給湯システムの利用を奨励する政府の支援は、ガス給湯器市場の成長を後押ししています。例えば、2022年5月に、米国エネルギー省は、商業用給湯器、ボイラー、および貯蔵タンクのためのエネルギー保存基準を定めたエネルギー政策と保全法を提案しました。

さらに、業界の大手企業は、ビジネス上の地位を向上させるために、戦略的提携とともに製品のアップグレードに注力しており、業界の成長が促進されています。例えば、2021年7月、業務用および工業用給湯システムのメーカーであるBradford White Corporationは、高性能かつ高効率のタンクレス給湯システム「Infiniti L」を発表しました。この斬新な製品群は、15年保証、同社独自のスケール低減技術、フィールドガス変換、統合フラッシュポート、再加熱ポンプを備え、瞬時に温水を供給します。

ガス給湯器市場は、燃料、製品、用途、容量、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、貯湯式と瞬間式に分けられます。貯湯式は、様々な商業施設における温水ニーズの高まりにより、2030年までにCAGR5%で成長すると予測されています。

容量別に、市場は、30リットル未満、30~100リットル、100~250リットル、250~400リットル、400リットル以上に分類されます。キッチンやバスルームでの使用ニーズが高まっていることから、一戸建てや集合住宅で30リットル未満のガス給湯器の普及が進むと考えられます。

地域別に、ユーラシア大陸市場は、気候条件とこの分野の広大な未開拓市場の可能性により、2022-2030年の間莫大な需要を示す可能性があります。

一方、独立地域共同体(CIS)の市場は、継続的な技術の進歩と広範な製品設計の開発の結果として、2030年までに大きく成長することが予測されます。中東・アフリカ市場は、病院などの商業施設からの需要に加え、ホスピタリティ産業への展開が増加していることから、今後、著しい成長を示すことが予想されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]