栄養補助食品原料市場:乳酸菌セグメントは2028年までにCAGR7.9%で成長予測

栄養補助食品原料市場は、バランスの取れた食事への嗜好の高まりにより、2028年まで拡大することが予想されています。また、若年層や子どもたちの間で糖尿病や肥満が増加していることも、サプリメント産業の拡大を促進するものと思われます。

慢性疾患の増加や健康志向の高まりが、栄養補助食品や機能性食品に対する消費者の関心を高めており、近年の栄養補助食品原料市場にとって有益なものとなっています。

栄養補助食品成分市場は、製品、ソース、アプリケーション、フォーム、および地域に分類されています。製品別に、市場は、ビタミン、プロバイオティクス、プレバイオティクス、アミノ酸、タンパク質、カロテノイド、ミネラル、繊維・炭水化物、植物化学物質・植物抽出物、EPA/DHA、その他に分類されます。

プロバイオティクス分野は、さらに連鎖球菌、乳酸菌、サッカロミセス(酵母)、ビフィドバクテリウム、バチルス、その他に分類されます。乳酸菌セグメントは、2028年までにCAGR7.9%で成長すると推測されます。ビフィドバクテリウムセグメントは、2028年までにCAGR8.1%を超え、バチルスセグメントは、同期間中にCAGR7.7%を示すと思われます。

連鎖球菌セグメントは、2022-2028年の間CAGR7.2%で成長すると思われます。サッカロミセス(酵母)セグメントは、同期間にCAGR 8.4%で成長すると予測され、その他のプロバイオティクスセグメントは、CAGR 6.8%を超えて成長すると思われます。

プレバイオティクスは、2022-2028年の間CAGR7.5%を超え、堅調な事業展望を示すと予想されます。プレバイオティクスセグメントは、さらにイヌリン、マンナンオリゴ糖(MOS)、フラクトオリゴ糖(FOS)、ガラクトオリゴ糖(GOS)、その他に分類されます。フラクトオリゴ糖は、同期間7.2%以上のCAGRを示すことが期待され、一方、イヌリンは、CAGR 7.5%以上で成長する可能性があります。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]