フレキシブル包装市場、安全な包装への需要に答え、食品、飲料およびパーソナルケア部門で拡大予測

フレキシブル包装市場は、持続可能で安全な食品包装への消費者の意識の高まりにより、2028年までかなりの速度で拡大することが予測されます。

業界の大手企業は、世界中の多くの消費者ニーズに応えるため、新しいパッケージング技術に目を向けています。食品・飲料やパーソナルケア業界の大手ブランドは、フレキシブル包装フィルムによるスマートな包装ソリューションの導入に力を入れています。実際、これらのフィルムの使用は、食品輸送時のエネルギー使用量、CO2排出量、原材料の使用量を削減し、市場成長にとって好材料となっています。

フレキシブル包装市場は、素材、製品、用途、地域の観点から分類されています。

素材別に、市場は、ポリマー、紙、アルミニウム、セルロース系に分類されます。ポリマーセグメントはさらに、ポリエステル、ポリエチレン、ポリスチレン、ポリプロピレンに細分されます。

ポリエステルセグメントは、今後CAGR6%超で350億米ドル近くの市場シェアを獲得すると予測されます。一方、ポリエチレンセグメントは、製品のバリア機能により、2028年まで約5.5%のプラス成長率で1,250億米ドル超の市場評価額に達すると予測されます。

ポリスチレンセグメントは、約6.5%の成長を記録し、2022年~2028年の売上高は180億米ドルを超えると予想されます。ポリプロピレン分野は、産業用途での利用が増加していることから、2022年~2028年の間にCAGR5%超を記録し、評価額が1,100億米ドルを超えると予想されます。

製品別に、市場は、四方シールパウチ、スタンドアップパウチ、ピローパウチ、その他に分類されています。その他のフレキシブル包装分野には、スパウトパッケージやセンターシールパウチなどの製品タイプがあり、2021年から2028年にかけて4.5%を超える成長率を記録し、2028年までの市場規模は300億米ドルを上回ると予測されています。

用途別に、市場は、食品・飲料、パーソナルケア、ヘルスケア、工業、その他に区分されています。その他の用途分野は、電子、電気、小売包装からなり、その適合性と実装の多様な状況によって、2021年から2028年にかけて230億米ドルを超えると予想されます。

地域別に、まだ初期段階にあるラテンアメリカの市場は、2022年からのCAGR5%で成長し、2028年には160億米ドルを超える評価額に達すると推定されます。

一方、中東・アフリカ市場は、2021年から2028年の間に約5.5%の上昇率が見込まれており、200億米ドルを上回る売上高を記録すると予測されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]