遺伝子編集市場:2021年にCRISPR/Cas9は47%の市場シェア獲得

遺伝子編集市場は、遺伝子合成技術やCRISPR技術に対する需要の高まりにより、2030年までに大幅に成長すると予測されています。さらに、研究開発活動への投資の増加と相まって、技術的進歩が今後の市場成長をさらに促進すると思われます。

遺伝子編集技術がSARS-CoV-2の検出や動植物における欠陥遺伝子の改変を可能にすることから、COVID-19の発生は、同市場にプラスの影響を及ぼしています。市場における顕著な技術的進歩が、製品全体の成長を押し上げています。

2022年5月、Nature Nanotechnologyでは、細胞の機械的特性を調節することによって、癌治療におけるCRISPR/Cas9遺伝子編集を強化しました。それによると、腫瘍組織の硬さを調節することで、腫瘍の遺伝子編集を向上させることができ、がん治療の新しい戦略を提供できると結論づけています。

さらに、遺伝性疾患の治療活動を奨励する政府の取り組みが、遺伝子編集市場の成長を促進しています。例えば、2022年5月、米国食品医薬品局(FDA)は、バイオテクノロジー企業Graphite BioのGPH101(鎌状赤血球症による遺伝子変異を修正するために開発された遺伝子編集療法)にファストトラック指定を与えました。

さらに、業界の主要な参加者は、効果的な成長戦略とともに、遺伝子編集療法の技術革新に注力し、市場の拡大を図っています。例えば、2022年5月、米国FDAは、臨床段階のバイオテクノロジー企業であるEditas Medicineによるβサラセミア治療用の実験的遺伝子編集療法であるEDIT-301に希少薬指定を付与しています。

遺伝子編集市場は、エンドユーザー、アプリケーション、技術、地域に基づいて分類されています。アプリケーション別に、市場は、動物遺伝子工学、植物遺伝子工学、細胞株工学、その他に分類されます。細胞株工学セグメントでは、その広範な応用により、2022年~2030年の間CAGR15.3%で拡大することが予定されています。

技術別に、市場は、ジンクフィンガーヌクレアーゼ(ZFN)、TALEN、CRISPR/Cas9、およびその他に分類されます。CRISPR/Cas9セグメントは、2021年に約47%の市場シェアを占め、そのいくつかの利点により2030年まで目立った成長を見せると考えられています。

エンドユーザー別に、市場は、契約研究機関(CRO)、研究機関、バイオテクノロジーおよび製薬会社に分類されます。バイオテクノロジーおよび製薬会社セグメントは、2021年に評価額24億米ドルを超え、2030年まで高い成長を記録すると思われます。高度な遺伝子編集技術の開発に対するバイオ製薬会社の注目は、今後同セグメントの成長を促進すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]