ボツリヌス毒素の市場規模:医療用セグメントは2021年に34億5,350万米ドルの収益計上

ボツリヌス毒素の市場規模は、低侵襲な美容整形手術の需要増加により、2030年までに力強い成長を示すと予想されています。また、革新的な製品の増加により、市場の成長が促進される可能性があります。

注目すべきは、ボツリヌス手術の高コストと、それに伴うさまざまな副作用が、事業の成長を妨げていることです。しかし、外観の改善に対する高い注目や、子供や大人の医療処置におけるボトックスの有効性は、市場の進展にプラスの影響を与えています。例えば、中国医科大学リハビリテーション科のグループが実施した2022年2月のScandinavian Journal of Gastroenterology研究では、バルーンガイドによるボツリヌス毒素注入による超音波が輪状咽頭異食症の治療に有効であることが観察されています。

さらに、主要な業界参加者は、パートナーシップおよびコラボレーションなどの成長戦略に取り組み、より多くの製品を開発するために研究開発活動に力を入れるようになり、ボツリヌス毒素市場の製品シナリオが強化されました。例えば、2021年7月、医薬品分野で事業を展開するAbbVieのAllergenは、米国FDAが成人の上肢痙縮の治療のために、新たに8つの筋肉を含むBOTOXラベルの拡張を承認したと発表しました。

ボツリヌス毒素市場は、性別、製品、最終用途、用途、年齢層、地域の観点から分類されています。製品別に、市場は、ボツリヌス毒素Bとボツリヌス毒素Aに分けられており、ボツリヌス毒素Bセグメントは2021年に9,530万米ドル超と評価され、研究期間を通じて大幅な成長が予測されます。

アプリケーション別に、市場は、美容と医療に分類されています。2021年、医療用セグメントは約34億5,350万米ドルの収益を計上し、2030年まで堅実な成長を遂げることが期待されます。

性別別に、市場は、男性と女性に分類されます。男性セグメントは、今後数年間で8.2%超の大幅な成長を目撃すると思われます。

年齢別に、市場は、13〜19歳、20〜29歳、30〜39歳、40〜54歳、55歳以上に区分されています。13-19歳の年齢層セグメントは、2030年末までに5,010万米ドル超の評価額に達すると予測されます。

エンドユーザー別に、市場は、スパ&コスメティックセンター、病院、皮膚科クリニックに分類されます。皮膚科クリニックセグメントは、2021年に47.3%の市場シェアで、堅調に拡大すると思われます。

地域別には、2021年に、中南米のボツリヌス毒素産業が4.3%の市場シェアを占めました。一方、中東・アフリカ市場は、2022-2030年の間CAGR7.8%超で拡大すると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]