バイオリアクターの市場規模:哺乳類細胞セグメントは2022年から2030年にCAGR13.4%で成長予測

バイオリアクターの市場規模は、2022年から2030年にかけて勢いを増すことが予想されます。癌、糖尿病、心血管疾患などの慢性疾患に対処するための治療薬の生産増加が、同市場の成長につながると予測されます。

バイオリアクター市場は、製品タイプ、分子、細胞、最終用途、用途、地域別に分類されます。

製品タイプ別に、市場は、再利用型と単一用途型に分けられます。このうち、再利用型製品セグメントは、大量生産トレンドに後押しされ、2022年から2030年にかけてCAGR11.9%で成長することが予測されます。ワクチンメーカーは、製品への損傷リスクを最小限に抑え、安全性を提供する再利用可能なバイオリアクターの採用に大きく傾いており、同セグメントの成長に有利に働いています。

細胞別に、市場は、酵母細胞、哺乳類細胞、細菌細胞、その他に分類されます。哺乳類細胞を処理するためのバイオリアクターの使用は拡大し、2022年から2030年の間、CAGR13.4%超を示すと期待されています。

治療薬、タンパク質、ウイルスワクチンの開発における哺乳類細胞の広範な使用は、同セグメントの見通しを後押しし、生物製剤の培養成長を増幅させる能力が、人気を博すと思われます。

分子別に、市場は、ワクチン、遺伝子治療、モノクローナル抗体、幹細胞、組換えタンパク質、その他に分類されます。2021年、組換えタンパク質セグメントは、大規模生産を可能にする分子の生物物理学的および構造的特性により、6億9,700万米ドルの収益を獲得しました。ワクチン開発のための組換えタンパク質技術への注目が、同セグメントの成長を促進します。

用途別に、市場は、商業生産と開発・前臨床・臨床に分けられます。2021年は、開発・前臨床・臨床のセグメントが市場全体の約20.8%のシェアを占めました。新薬やワクチン開発に対応する治療薬の広範なパイプラインの存在は、開発、前臨床、臨床段階を支援するバイオリアクターの採用を加速させます。

最終用途別に、市場は、バイオファーマメーカー、受託製造機関(CMO)、研究開発機関に区分されます。これらのうち、受託製造機関セグメントは、2021年に10億米ドル超の収益をあげました。

費用対効果、技術的専門知識、堅牢なインフラは、バイオリアクターの採用を強化する新興国での、CMOの需要を促進する要因の一部です。

地域別に、中南米市場は、研究開発施設数の増加を背景に、2022-2030年の間CAGAR14.7%で成長することが予測されています。新興国へ進出し、新しい製造装置を設立する業界プレーヤーの存在は、中南米地域のバイオリアクター市場の成長を推進します。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]