ソフトジェルカプセル市場: 2021年は栄養補助食品メーカーが43%シェア獲得

ソフトジェルカプセル市場は、世界中で慢性疾患が増加していることから、2030年までに大きな成長を見せると予想されています。また、植物由来のカプセルに対する需要の高まりや、研究開発活動への投資の急増も、2022年~2030年の間市場の成長を後押しするものと思われます。

ソフトカプセルとは、半固形のソフトゲル状の薬剤カプセルのことで、ハードカプセルよりも早く溶けて薬剤を運ぶことができます。ペクチン、HPMC、ゼラチン、片栗粉、プルランなどの材料で作られています。COVID-19の流行中、ライフスタイルが変化する中で、健康的なライフスタイルを促進する免疫システムを改善するためのビタミンや健康補助食品の需要の増加により、技術的進歩の上昇に貢献し、業界は安定した成長を目撃しました。

さらに、業界の主要な参加者は、R&D活動やコラボレーション、パートナーシップ、買収などの戦略に従事しており、市場全体のダイナミクスを高めています。例えば、2020年10月、大手製薬会社のCatalent Inc.は、ペクチンとゼラチンを組み合わせてコーティングシステムなしでソフトジェルカプセルを作るOptiGel DR技術を発表しました。

他には、2021年9月、大手製薬メーカーのAenova Groupが、パートナー企業のWiley Companiesの子会社AlaskOmega AGと藻類DHAオイルのAlgarithmとともに、VegaGelsという名前の新しい植物性ソフトジェルカプセルを発表しました。このビーガン用カプセルには、微細藻類に由来するオメガ3系DHA脂肪酸が含まれ、噛んで食べることができ、数種類のフレーバーが用意されています。

ソフトジェルカプセルの市場は、メーカー、タイプ、アプリケーション、地域によって分類されています。タイプ別に、市場は、ゼラチンベースとベジタリアンカプセルに分かれています。

ベジタリアンカプセルセグメントは、2030年までCAGR9.3%で成長すると思われます。ベジタリアン用ソフトジェルカプセルに対する高い消費者嗜好、植物ベースのソフトジェルカプセルにおける注目すべき技術的進歩、天然原材料の入手可能性などが、同セグメントの成長を促進すると思われます。

用途別に、市場は、処方薬、健康・栄養補助食品、その他に分類されます。処方薬セグメントは、2021年に20億米ドルの収益を占め、慢性疾患治療の高い採用率、治療成果、製品の承認と発売の増加により、今後も大きく成長することが予測されます。

メーカー別に、市場は、栄養補助食品会社、製薬会社、その他に分別されています。2021年、栄養補助食品会社は約43%の市場シェアを占め、2030年までに大きな利益をあげると予想されています。健康的なライフスタイルのトレンドの台頭、外見を改善するための栄養補助食品への関心の高まり、肥満や座りっぱなしのライフスタイルの増加などが、このセグメントの成長を増大させると考えられています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]