癌患者外来輸液市場:薬剤注入などの利用、IVカニューレセグメント2021年に40億米ドルの売上記録

がん患者数の増加や、がん治療の研究開発に対する世界的な関心の高まりもあり、癌患者外来輸液市場は2030年までに目覚ましい成長を遂げると予想されています。

癌患者外来輸液療法は、現代のがん治療プロトコルの主要な構成要素として急速に台頭してきています。輸液療法とは、患者の血流に直接薬剤を投与して、がん細胞の縮小や増殖の抑制を図る治療法です。

癌患者外来輸液療法には、ホルモン療法、免疫療法、化学療法、輸血のほか、抗生物質、鎮痛剤、水分補給液、患者が必要とする輸液治療など、さまざまなサービスが含まれます。

癌患者外来輸液市場は、製品、用途、治療法、モード、地域別に分類されます。

製品別に、市場は、静脈注射セット、輸液ポンプ、ニードルレスコネクター、IVカニューレに分類されます。

このうち、IVカニューレセグメントは、2021年に40億米ドル相当の売上高を記録しました。これは、治験医療プロセスにおける薬剤の注入または血液サンプルの採取のためのIVカニューレの採用増加が大きく寄与しています。

用途別に、市場は、肝臓癌、肺癌、前立腺癌、乳癌、その他に分類されます。

2021年は、肝臓がんの有病率が急速に上昇し、標的療法や免疫療法などの輸液療法の需要が高まっていることから、用途全体における肝臓がんのシェアは3.9%となりました。

2022年2月には、ペンシルベニア大学医学部外科の腫瘍医と外科医が、切除不能なCLM(大腸肝転移)の治療や切除したCLMの再発リスク軽減のために、全身化学療法とともに補助肝動脈輸注化学療法を実施しました。

治療法別に、市場は、標的療法、免疫療法、化学療法、ホルモン療法に分類されます。ホルモン療法セグメントは、世界的ながんの有病率の上昇を背景に、2021年に60億米ドル超の売上を記録しました。さらに、ホルモン療法のような代替がん治療の利点に対する意識の高まりは、業界の成長を推進する主な要因となっています。

モード別に、市場は、静脈内(IV)、筋肉内(IM)、皮下、その他に分けられます。

2021年には、肺がんの発生が増加しており、点滴液が患者の主なエネルギー源として機能することから、静脈内点滴部門が全体の30.6%シェアを占めました。また、静脈注射用製品の展開が増加していることも、市場成長の見通しを広めています。 例えば、2022年3月には、体内に転移した進行性前立腺がんの治療のための新しい治療法がFDAによって承認されました。Pluvictoとして知られるこの治療法は、静脈内注入によって投与され、従来の医療画像技術では気づかないほど小さな腫瘍を特定し破壊するように設計されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]