アジア太平洋の化粧品用防腐剤市場、美容製品への関心とスキンケア販売の拡大から急成長

APAC(アジア太平洋)の化粧品用防腐剤市場は、美容製品の保存性に関する注目が集まっていることから、2028年までに大きな成長を遂げると考えられています。また、COVID-19の流行が始まって以来、スキンケア製品の販売が増加していることも、業界の拡大をさらに後押しすると思われます。

化粧品用防腐剤とは、処方、保管、出荷、および消費者の使用中に美容製品の汚染を防ぐための必須成分を指します。アジア太平洋地域では、主に美容・化粧品業界が盛んなことから、これらの製品は広く人気を集めています。

APACの化粧品防腐剤市場は、製品、保存料ブースター、用途、地域の観点から分類されています。

製品別に、市場は、天然防腐剤と合成防腐剤に分類されます。天然物セグメントはさらに、有機酸、天然酸化防止剤、エッセンシャルオイル、植物/ハーブエキスに分類されます。

有機酸はさらに、安息香酸、安息香酸ナトリウム、アニス酸、ソルビン酸カリウム/ソルビン酸、レブリン酸に細分されます。

このうち、安息香酸ナトリウムは、化粧品に含まれる有害な酵母やバクテリアの繁殖を抑えるために使用されることが多く、APAC地域で化粧品の防腐剤として勢いを増しています。

一方、アニス酸は、防腐効果があるうえ、肌を柔らかくする効果もあるため、化粧品の防腐剤として人気が高まっています。

ソルビン酸カリウムも、パラベンベースの防腐剤に代わる、よりマイルドな代替品として機能することから、パーソナルケア製品によく使用され、高い需要を示すことになると思われます。

また、レブリン酸は、スキンケア製剤の添加物として広く使用されており、市場動向を強く後押ししています。

天然抗酸化物質製品分野も、2022年~2028年の間、驚異的な成長を目撃することになります。これは、化粧品を酸化劣化から守るにあたり有用な特性によるものです。

APAC地域における天然化粧品防腐剤としてのエッセンシャルオイルの使用は、ダークスポットやにきびから肌を保護するのに役立ち、健全な市場成長を推進すると予想されます。

一方、植物/ハーブエキスは、現代のパーソナルケア製品に不可欠な防腐・抗炎症作用があることから、需要の高まりが見込まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]