肥料市場:有機肥料は、2030年までCAGR 6%で成長予測

2022年から2030年にかけて、世界の人口増加とそれに伴う食糧需要の増加により、肥料の世界シェアは大きく拡大することが予想されています。FAOの推計によると、世界の食糧需要は2050年までに70%増加すると見込まれています。この急増の多くは、中南米、欧州、アジアなどの地域における消費者所得の増加によるものと予想されています。

有機肥料やバイオ肥料に対する需要の高まりにより、市場の需要はさらに加速しています。多くの国が肥料の使用を採用し、化学物質の生産を増強するために、有機のみならずバイオ肥料施設構築のためのイニシアチブを取り始めています。

例えば、ブータンは2021年に、B&B KoreaとFarm Machinery Corporation Limitedと提携して、Wangdueに最初のバイオ肥料会社の開設を発表しました。

肥料市場は、形態、製品、用途、地域別に、分類されています。

製品別に、市場は、有機肥料と無機肥料に分類されます。有機肥料セグメントは、2022-2030年の間CAGR 6%で成長すると言われています。これは、構造、保水力、陽イオン交換容量などの土壌特性を向上させる製品の能力に起因するものと思われます。

用途別に、市場は、農業、ガーデニング、園芸、およびその他の観点から分類されます。その他のセグメントは、保育園やゴルフコースでの需要急増から、今後数年間で多大な収益を獲得し、2022-2030年の間CAGR2%で成長すると予想されます。

地域別に、ヨーロッパ市場は、2030年までCAGR2%で成長し、かなりの利益を獲得することが予測されます。同セグメントの成長に影響を与える要因には、有機肥料の採用の上昇と有機農業への傾斜が挙げられます。

一方、北米は近い将来、肥料産業のホットスポットとして出現すると思われます。同市場の成長は、米国、カナダなどの経済圏における食糧需要の高まりと地域人口の拡大からもたらされます。

肥料市場は非常に集中しており、GUBRETA Fabrikalari TAS、CF Industries Holdings、Inc、Yara International ASA、住友化学株式会社、Indian Farmers Fertiliser Cooperative Limited(IFFCO)、Gemlik Fertilizer、Syngenta AG、Bunge Limitedなどの企業が含まれます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]