塩素化ポリ塩化ビニル市場:水性懸濁法セグメントが2021年に65%のシェア占有

塩素化ポリ塩化ビニル(CPVC)市場は、世界の主要地域で温水の輸送に使用されるパイプや継手への用途拡大により、2028年まで大幅な成長を示すと予想されています。

特に、CPVCの顕著な成長は、多様なビジネスリーダーに新たな成長の道を開いています。これらのコングロマリットは、同市場の拡大に有利であったグローバル業界での地位を強化するために、買収、合併、製品の発売、研究開発プロジェクトなどの戦略的イニシアチブを選択しています。

例えば、2020年10月、米国に本拠を置く特殊化学品プロバイダーのLubrizolは、Aditya BirlaグループのGrasimとインド最大のCPVC樹脂工場を設立するための明確な協定を締結しました。グジャラート州ヴィラヤットにあるGrasim社の敷地内に建設される約10万トンの新CPVC樹脂工場は、完成すれば世界最大のCPVC樹脂の生産能力を持つことになるとしています。また、Lubrizolは、グジャラート州にあるGrasim社の既存工場にCPVC樹脂を供給するための追加投資も計画しており、インドで唯一、エンドツーエンドのCPVC能力を持つ企業となる予定です。

塩素化ポリ塩化ビニル市場は、製造プロセス、用途、地域の3つの観点から分類されています。

製造プロセス別に、市場は、固相法、溶剤法、水性懸濁法に二分されます。中でも、水性懸濁法セグメントは2021年に約65%のシェアを支配し、2022年から2028年にかけて急増することが予測されています。これは、生産が容易であることと、主要なCPVC樹脂メーカーがこの方法を広く使用していることに起因していると思われます。

用途別に、市場は、スプリンクラー、パイプ&フィッティング、接着剤&コーティング、電力ケーブルハウジング、その他に分類されています。このうち、電力ケーブルハウジング用途は、2022年から2028年にかけて大幅に拡大し、4億米ドルを超えると予測されています。高圧電力ケーブル保護管の製造における塩素化ポリ塩化ビニルの使用増加が、今後の市場を成長させると予測されています。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2028年に収益ベースで3億4,000万米ドルを超えると予測されています。同市場の成長は、建設業界の拡大により促進されると思われます。また、UAEにおける建設・エンジニアリング企業のメガプロジェクト推進に向けた政府投資の増加も、今後数年間中東・アフリカ全体での製品採用を促進すると推定されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]