ユーティリティ規模PVインバーター:太陽光発電に対する投資が市場を牽引

ユーティリティ規模PVインバーター市場は、2028年まで大きな成長軌道に乗ることが予想されます。この成長は主に、再生可能エネルギーへの移行が試みられる中で、太陽光発電プロジェクトに対する投資が世界的に増加していることに起因しています。

実用規模の太陽光発電プロジェクトの容量が大きくなり続けており、承認された最大のプロジェクトは約690MWACの容量に達しました。このため、大規模太陽光発電施設向けのインバーターの需要は大きく伸びると予想されます。

さらに、持続的な技術革新の取り組みにより、複数の太陽光発電事業者が以前よりも幅広い選択肢を利用できるようになり、同業界は競争の激しい高成長分野へと変化しています。

2022年1月、業界をリードするYaskawa Solectria Solarは、電力会社規模の太陽光発電所で使用される新シリーズのソレクトリアXGI 1500-250ストリングインバータを発表しました。これは、効率率99.0%、CEC(カリフォルニアエネルギー委員会)効率98.5%。最大容量f1500V、最大電源入力電圧範囲860-1250Vで動作するよう設計されています。

ユーティリティ規模PVインバーター市場は、製品、電圧、地域別に分類されています。

地域別に、中東・アフリカ市場は、2028年まで3%の成長率を記録すると予測されます。この成長は、同地域における太陽光発電の急速な発展によってもたらされています。例えばUAEはこの変化の最前線にあり、現在、電力の50%以上をカーボンフリーで持続可能な資源から生成することを目標としています。

また、この地域における大規模な太陽光発電プロジェクトの存在が、ユーティリティ規模PVインバーターの需要を促進すると考えられています。例えば、アブダビは、JinkoSolarと丸紅の支援により2019年に初めて導入された1.2GW Noor Sweihanプロジェクトと呼ばれる世界最大の太陽光発電所が稼働していることで知られています。

一方で、現在UAE政府が進めている別のプロジェクトも発表されています。2GWのAl Dhafra計画で、2022年初頭の運転開始を予定しています。

一方、中南米市場は、2021年に8億米ドル相当の売上を記録しました。この地域では、クリーンエネルギーへの移行に積極的に取り組んでおり、ユーティリティスケールPVインバーターの需要は大幅に上昇しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]