ステント市場:非血管用セグメントは、2028年に9億2,310万米ドル到達予測

製品イノベーションへの注目の高まりと急速な技術進歩が、高度なステントの開発を促進しており、2028年までの同市場の成長を拡大することが予測されています。

業界の主要企業は、開発と技術革新を進めるために、戦略的提携に注力しており、業界の将来に期待が高まっています。例えば、2021年11月に、ヘルスケア企業のB. Braunは、医療機器企業のREVA Medicalと、REVAの冠動脈インターベンション用のユニークな生体吸収性足場であるFantom Encoreの販売に関わる提携を表明しています。

ステント市場は、製品、材料、タイプ、最終用途、地域別に分類されています。

製品別に、市場は、血管用ステントと非血管用ステントに分類されています。このうち、非血管用ステントセグメントは、2028年までに9億2,310万米ドルの収益に達すると予測されています。慢性疾患の増加により、ヘルスケア分野における非血管ステントの需要が高まっており、同セグメントの進展を促進しているものと思われます。

材料別に、市場は、金属とポリマーに分類されます。ポリマー材料セグメントは、2022-2028年の間、CAGR5.3%で力強い成長を遂げると予想されます。主要企業による技術的進歩や製品開発の取り組みが、ステント市場における生体吸収性ポリマー製ステントへの道を開き、同セグメントの発展を促進することが予測されます。

医療技術のリーディングカンパニーであるBIOTRONIKは、2021年9月、米国食品医薬品局(FDA)から承認を受け、新規BP-DES(生体吸収性ポリマー薬剤溶出ステント)技術「Orsiro Mission」を発表しました。さらに、米国で最初の移植のデモンストレーションを行い、この新しいシステムの本格的な商業的な発売を開始しました。新世代のDESシステムは、超薄型ストラット設計による高度な送達性能を示し、米国で利用可能な最も薄型の技術であると報告されています。

タイプ別に、市場は、自己拡張型とバルーン拡張型に分類されます。自己拡張型セグメントは驚異的な成長を示し、2028年には42億4,330万米ドルの評価額を超えると予想されます。

エンドユーザー別に、市場は、外来手術センター、病院、その他に細分化されています。2021年には、外来手術センター部門が約20.2%のシェアを占めています。

地域別に、中東・アフリカのステント産業は、心血管疾患の有病率の増加により、2028年までにCAGR5.2%で成長すると予測されています。世界保健連合によると、心血管疾患はMEA諸国における主要な死因であり、全死亡者の3分の1以上、年間約140万人に相当します。2021年、ラテンアメリカのステント市場は、世界の業界において4.9%以上のシェアを占めています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]