企業向けeラーニング市場、従業員トレーニングやスキルアップの需要により急速に拡大

企業向けeラーニング市場は、企業部門における従業員のトレーニングやスキルアップの需要の高まりにより、2028年まで急速に拡大することが予想されています。

バーチャルラーニング企業では、オンラインコースの利点に対する認識が高まっているため、COVID-19の流行もプラスに作用し業界の成長を後押ししています。例えば、2021年12月、企業向けデジタル学習ソリューションを提供するNetexは、すぐ使えるカスタマイズされたデジタル職場学習ソリューションの開発・設計・制作を専門とする英国のeラーニング企業、Virtual Learningを買収しました。これにより、Netexは国際的なプレゼンスを拡大し、世界のeラーニング市場で優位に立つため、提供するサービスを拡大しました。

企業向けeラーニング市場は、技術、プロバイダー、組織規模、展開、地域別に分類されています。技術別に、市場は、モバイルeラーニング、学習管理システム(LMS)、オンラインeラーニング、バーチャルクラスルーム、ラピッドeラーニングに分類されます。

オンラインeラーニングセグメントは、従業員のスキルアップとトレーニングを効率的に行う企業のニーズにより、今後も安定した成長率を記録することが予想されます。モバイルeラーニングセグメントは、世界的な携帯電話の普及により、従業員が遠隔地からトレーニングクラスにアクセスできるため、2028年まで大幅に拡大すると予想されています。

プロバイダー別に、市場は、サービスとコンテンツに分類されます。コンテンツセグメントは、幅広いオンラインコースを含むデジタル化の進展により、堅調な成長を記録すると予想されます。

組織規模別に、市場は、中小企業と大企業に分類されます。中小企業向けセグメントは、指数関数的な速度で拡大することが予想されます。世界中で新興企業の数が増加しているため、従業員をより迅速に教育するための企業向けeラーニングソリューションの需要が高まっています。

導入形態別に、市場は、クラウドベースとオンプレミスに分類されます。クラウドベースのセグメントは、その展開モデルが提供する堅牢な機能と柔軟性が、企業向けeラーニングシステムの採用を後押しし、2028年まで堅調な成長を見せることが予想されます。

地域別に、ラテンアメリカの企業向けeラーニング産業が、今後数年間で大きな成長を遂げると予測されています。これは、ラテンアメリカ地域のIT・通信インフラとサービスの発展により、中小企業が安定したインターネット接続を利用できるようになったことに起因しています。一方、中東・アフリカの企業向けeラーニング市場は、医療セクターにおける企業向けeラーニング技術に対する需要の増加により、力強い成長を遂げることが考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]