マルチクラウド管理市場:2021年欧州企業の41%がクラウドコンピューティングを利用

マルチクラウド管理の市場のシェアは、多くの産業分野でのデジタル化の進展に伴い、2022年から2030年にかけて有益な成長傾向を示すと予測されています。また、これらの分野でのクラウドコンピューティングの普及が進むことで、業界の拡大が見込まれます。

COVID-19の大流行が、市場の見通しを促進し大きな役割を果たしました。国家の閉鎖や社会的距離を置く措置が、世界中の多くの企業のデジタル化を加速させました。Eurostatによると、2021年には欧州企業の41%がファイルや電子メールの保存にクラウドコンピューティングを利用していると報告されています。

マルチクラウド管理市場は、展開モデル、組織規模、アプリケーション、エンドユーザー、地域別に分類されています。

アプリケーション別に、市場は、クラウドの自動化、移行と統合、レポートと分析、モニタリングとアクセス管理、トレーニングおよびコンサルティング、データセキュリティとリスク管理に分類されます。

このうち、レポートと分析セグメントで、業界は大きな利益を記録し、2022-2030年を通してCAGR25.4%を記録する見通しです。この成長は、さまざまな企業でマルチクラウドデータ分析およびパフォーマンスレポートの使用が増加していることに起因しています。

トレーニングおよびコンサルティングセグメントは、2021年に9.54%の業界シェアを占め、今までにないペースで成長する可能性があります。この成長は、クラウドの複雑性に対処するためのトレーニングおよびコンサルティングサービスに対する需要に支えられています。

データセキュリティとリスク管理セグメントは、2021年に16.59%のシェアを占めました。このセグメントの拡大は、最適なクラウドセキュリティだけでなく、データ保護のためのマルチクラウドプラットフォームの利用が企業全体で増加していることによるものです。

エンドユーザーの観点では、IT・通信、ホスピタリティ、BFSI、消費財、教育、ヘルスケア・ライフサイエンス、政府、小売、その他に二分されます。

ホスピタリティセグメントは、リアルタイム分析を生成するためのマルチクラウドプラットフォームの採用が進んでいることが評価され、2021年の売上高シェアは4.1%に達しました。

一方、消費財セグメントは、IIoTやインダストリー4.0における継続的統合/継続的展開(CI/CD)の展開が拡大していることから、2030年にCAGR28.5%で成長すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
お問い合わせフォーム:www.gii.co.jp/form/inquiry
お電話:044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]