血液透析カテーテル市場:腎臓疾患有病率の上昇と血液透析処置の必要性により急成長

血液透析カテーテル市場は、腎臓疾患の有病率の上昇とそれに伴う血液透析処置の必要性によって、2028年までに高い牽引力を得ると考えられています。Kidney.orgによると、現在、世界中で200万人以上の人々が、生きるために血液透析治療や腎臓移植を受けています。しかし、この数字は、快適な生活を送るために実際に治療を必要としている人のわずか10%に過ぎないと推測されています。

血液透析カテーテル市場は、カテーテルの種類、製品、素材、先端形状、ルーメン、地域などに分類されています。

カテーテル種類別に、市場は、短期用血液透析カテーテルと長期用血液透析カテーテルに分類されます。このうち、短期用血液透析カテーテルセグメントは、今後数年間でかなりのペースで成長すると予想されています。これは、迅速な透析治療に向けこの機器が広く受け入れられていることと、成人の慢性腎臓病の発生が増加していることに起因しており、2028年までに8億2,400万米ドルの評価額を超えると予測されています。

製品タイプ別に、市場は、トンネル型カテーテルと非トンネル型カテーテルに分類されます。トンネル型カテーテルセグメントは、末期腎不全患者の急増による需要から、2028年までにCAGR6.9%で成長し、高い売上を記録すると思われます。

素材別に、市場は、シリコーン、ポリウレタンに分類されます。ポリウレタンセグメントは、2028年までに11億4,500万米ドルの評価額を超えると予測されています。これは、長寿命のための強度や患者の快適性を求めた柔らかさなど、この材料がもたらす多くの利点に起因しています。

先端形状別に、市場はステップチップ型カテーテル、シンメトリック型カテーテル、スプリットチップ型カテーテル、その他に分類されます。ステップチップ型カテーテルは、2022年から急速に成長し、2028年には5億2,100万米ドルに達すると予測されています。これは、再循環率の低さや先端部の動きの少なさなど、同製品が提供するメリットに起因するものです。

ルーメン別に、市場は、ダブルルーメン血液透析セグメントが成長を見せ、2021年に5億5,500万米ドルに達すると予測されます。そして、透析プロセスにおける耐久性と柔軟性の効果的なバランスを背景に、今後も潜在的な利益を獲得することになります。

地域別に、北米市場は、業界の成長拠点として存在感を示し、2021年に4億500万米ドルの収益シェアを占めました。これは、同地域で腎臓ドナーの不足が深刻化していることに加え、腎臓障害の罹患が拡大していることに起因しています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]