ソーラーグレードシリコンのクロロシラン市場:2028年に日本で3億5,000万米ドルに成長予測

ソーラーグレードシリコン用クロロシラン市場は、世界的な太陽光発電所の増加により、2028年までに力強い成長を示すと予想されています。地球温暖化に関連する懸念の高まりは、クリーンエネルギーへの取り組みに対する需要を生み出し、産業全体の拡大を促進しています。

先進国や発展途上国は、気候変動問題や環境への懸念が深刻化する中、脱炭素化目標を掲げており、太陽光発電技術の開発・導入を大幅に拡大する方向へとシフトしています。太陽光発電の需要の高まりは、関連する原材料や部品のニーズを促進すると予想されます。

太陽光発電は、米国で最も急速に成長している再生可能な新規発電源です。米国は、2035年に向けた大々的な電力脱炭素化をめざし、新しい太陽光発電プロジェクトを2021年に展開しました。

世界中の大手化学企業は、持続可能な太陽光発電を可能にする材料でクリーンエネルギー市場に参入しています。2021年には、Evonikが電池用の新しい高性能材料シリディオン®を発売し、同様の取り組みを行っています。太陽光発電システムにおける効率化のためリチウムイオン電池の普及が進んでおり、Evonikのような化学企業は、より高度な材料の開発を進めています。

Evonikのシランビジネスライン、R&D、イノベーション部門が協力して業界をリードする材料を設計し、ドイツ連邦経済エネルギー省の資金援助を受け、デュースブルグ・エッセン大学と提携して、2023年までリチウムイオン電池の効率、性能、強度の向上に取り組んでいます。

ソーラーグレードシリコン用クロロシラン市場は、製品と地域に分類されます。

製品別に、市場は、テトラクロロシラン、トリクロロシラン、メチルクロロシラン、ジメチルクロロシラン、その他に分類されます。

ソーラーグレードシリコンのその他のクロロシラン製品セグメントは、著しい環境悪化とそれに伴う活動の必要性から大幅な成長が見込まれ、2028年までに2億2,000万米ドル超に達すると推定されます。また、さまざまな優遇措置の継続的な展開により、ソーラーパネルの設置が急増していることも、市場の成長を後押ししています。

さらに、商業用と住宅用の両方で太陽光発電(PV)モジュールとシステムの需要が増加していることも、ジメチルクロロシランのサブセグメントに拍車をかけると予想されています。2021年、ジメチルクロロシランの市場規模は3,500万米ドルを超えています。

地域別では、日本のソーラーグレードシリコンのクロロシラン市場は、クリーンエネルギーの目標や戦略の急増により、2028年末までに3億5,000万米ドル以上の成長が見込まれています。また、日本は大規模な太陽光発電プロジェクトや投資により、ソーラーグレードシリコーン用クロロシランの需要が大きく伸びると見られています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]