高い作物収量への世界的にニーズから、バイオスティミュラントの研究開発への投資が活発化

栄養価の高い食事に対する世界的にニーズが高まっていることから、バイオスティミュラントの市場規模は、2028年までに大きく成長すると予想されています。また、健康的なライフスタイルに関する意識の高まりや、土壌を重視した生産性への注目が、市場の成長をさらに後押しするものと思われます。

急速な人口増加に対応するため、肥沃な土地とより高い作物収量への要求から、製品イノベーションへの注目が高まり、効果的なバイオスティミュラントを開発するための研究開発活動への投資が活発化しています。例えば、2022年2月、ナポリ・フェデリコ2世大学薬学部は、バイオスティミュラントが植物の健康を改善し、生物的ストレスによるオリーブの若木へのダメージを軽減することを発見しました。

バイオスティミュラント市場は、形態、有効成分、用途、作物、地域に基づいて二分化されています。有効成分セグメントは、酸ベース、エキスベース、その他に分類されており、さらに酸ベースでは、フルボ酸、フミン酸、アミノ酸に分類されています。

バイオテクノロジーの進歩によりフルボ酸を含む製品が増えていることから、フルボ酸分野は、2028年には3億8,000万米ドル超となり、2022年~2028年の間CAGR12%で成長すると推定されます。アミノ酸分野は、他の農薬との相乗効果による浸透技術のイノベーションにより、2028年までに約11.5%の成長が見込まれています。

抽出物ベースでは、業界は海藻エキスとタンパク質加水分解物に分類されます。海藻エキス分野は、2028年末までに約22億2,000万米ドルの収益を上げると予想されています。海藻は、真水、肥料、農薬、エネルギーを必要としないため、インドなどの発展途上国において費用対効果の高い生物刺激剤として浮上しています。

その他の抽出物ベースの有効成分は、抗酸化物質と海洋多糖類で構成されており、2028年までにCAGR10%で成長し、6億8,500万米ドルの売上高に達することが予想されます。

作物の観点から、バイオスティミュラント市場は、列作物、芝・観葉植物、果物・野菜、その他に分類されています。列作物セグメントはさらに、トウモロコシ、小麦、米、大豆、ナタネ/マスタード種子、その他に分類されます。トウモロコシ部門は、2028年までCAGR12%で成長し、販売収益で10億米ドルを超えると予測されています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]