ポリオキシメチレン市場:エレクトロニクスや自動車産業における採用急増から、2028年まで急成長予測

ポリオキシメチレン(POM)市場は、エレクトロニクスや自動車などの産業における採用が急増していることから、2028年まで急成長すると予測されています。ポリオキシメチレンは、アセチル樹脂としても知られ、自動車、電気、工業、創薬などさまざまな用途の精密部品に使用される自己潤滑性プラスチック材料です。

POMは、強度、硬度、剛性、耐薬品性、靭性などの面で優れ、有機溶剤に対する耐性、せん断変形による耐摩耗性、ブラックライトや紫外線に対する耐性など、金属材料に代わる有効な材料として注目されています。

また、最近では、ドラッグデリバリーがPOMの重要な使用例として浮上しており、高度に複雑化したドラッグデリバリー製品では、理想的な物理的・化学的特性を持つ材料としてメーカーから求められています。ギアやバネなど、デバイスの機械部品の多くは、その性能向上のためにPOMで作られています。

ポリオキシメチレン市場は、タイプ、グレード、用途、地域の観点から分類されています。グレード別に、市場は、標準、強化、衝撃改質、リサイクル、UV安定化、特殊グレード、その他に細分化されています。衝撃改質セグメントは、2028年までに200キロトンを超えると予想されています。

UV安定化セグメントの業界シェアは、2022年~2028年の間CAGR4%で成長すると予測されています。特殊グレードセグメントの売上高は、2028年までに13億米ドルを超えると予測されています。その他のセグメントは、2028年までに7億5,000万米ドルを超えると推定されます。

用途別に、市場は、消費財、自動車、電気・電子、工業、その他に分類されています。このうち、電気・電子用途セグメントは、2022年から2028年にかけてCAGR5.5%超で堅調な成長を示すと予想されます。その他の用途セグメントは、2028年にかけてCAGR 3.5%超の顕著な成長を示すと思われます。

地域別に、北米のポリオキシメチレン市場は、2028年までに約5億8,000万米ドルに達すると推定されます。北米では、業界企業間の投資、買収、提携が活発化しており、米国内のPOM事業を拡大するため、今後数年間、この地域の市場成長を促進するものと思われます。

一方、中東・アフリカでは、2028年にかけてCAGR2.5%を記録すると予想されています。サウジアラビアの自動車市場の繁栄が、精密部品材料やコンポーネントの需要を促進しています。国際貿易局によると、中東・北アフリカ(MENA)地域の自動車部門も急速に成長しており、今後数年間はMEA(中東・アフリカ)地域全体で製品の採用が増加すると思われます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]