カーテンウォールシステム:政府によるグリーンシティへの取り組みが市場の成長を後押し

カーテンウォール市場は、空気や雨、湿気などの外的要因から建物を保護するための製品需要により、2028年までに大きく成長すると予測されています。また、製品の外観の向上や、発展途上地域の政府によるグリーンシティへの取り組みも、2022年~2028年の間、市場の成長を後押しする可能性があります。

カーテンウォールシステムは、その魅力的な外観と環境効率の高さから、商業および住宅用途で大きな人気を博しています。また、内部環境を最適化するため、低排出ガスビルの需要が製品採用を後押ししています。

さらに、美観を重視した革新的な製品の設計や、環境に優しい壁システムのニーズが高まっていることも、この製品の大きな成長の可能性を生んでいます。このため、高麗大学土木環境建築工学部が2022年3月に発表したPolymersの研究では、高レベルのABS-M30ポリマーパネルを使用した3Dプリントカーテンウォールという新しいタイプが提示され、建設分野での生産速度を持続させる可能性を説いています。

特に、二酸化炭素排出を抑制する建築物など、計画的な持続可能都市の開発に注目が集まっており、カーテンウォール市場の浸透を促しています。例えば、2022年4月、建築・設計事務所のMiller Hull Partnershipは、ワシントン州シアトルの新しい333デクスター複合オフィスビルプロジェクトを発表し、その両タワーに高性能カーテンウォールシステムとメタルフロントを利用することで低炭素プログラムをサポートすると公言しました。

また、2021年10月には、カーテンウォールの専門企業であるElicc Groupが、Miller Hull Partnershipと共同で、ワシントン大学のHans Rosling Center for Population Healthを建設し、フィンやガラスパネルを提供しています。同様に、2021年9月には、Reynaers Groupの一員でカーテンウォール専門企業のReynaers Aluminumが、サウジアラビアのアル・ホバールにある高さ130mのタワー「アジュダン・ライズ」に、需要の高いCW50カーテンウォール・ソリューションを供給しました。

他にも、2022年3月、商業建築分野の注目企業であるKawneer Company, Inc.は、アーカンソー州のFayetteville High Schoolで使用する1600 Wall System 1 Curtain WallをAR Marlon Blackwell Architectsに提供しました。このカーテンウォールシステムは、学校内部の自然光を最適化し、熱性能を高めるために設計されています。

カーテンウォール市場は、システムタイプ、用途、建築タイプ、地域によって分類されています。地域別では、中東・アフリカのカーテンウォール市場が安定したCAGRで成長すると予想されます。建設分野への投資の増加や非石油分野への注力が、今後の地域ビジネスの成長を促進すると考えられます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]