段ボール包装市場:最終用途産業における使用増加により、2028年までに急速に拡大予想

段ボール包装市場は、多くの最終用途産業における段ボールの使用増加により、2028年まで急速に拡大すると予想されています。

段ボールは、紙パッケージング産業において幅広い用途を見出すことができ、消費財、食品・飲料、耐久財、医薬品、タバコなど、さまざまな分野に貢献することができます。また、リサイクルが比較的容易であるため、有害な環境負荷の低減に貢献し、事業の成長を促進する重要な要因となっています。

段ボール包装市場は、製品、印刷技術、最終用途産業、地域の観点から分類されています。製品別では、段ボール箱と折りたたみ式段ボール箱に分類されます。段ボール箱セグメントは、さらに単壁段ボール箱、単相段ボール箱、二重壁段ボール箱、三重壁段ボール箱に細分されます。

単相段ボール箱は、海運業界における主要な用途から、今後も堅調に成長すると予想されます。単層段ボール箱は、1枚または2枚のライナーボードと、ライナーボードに接着された1本のフルートから構成されており、輸送箱を含むさまざまな用途に使用されます。一般的にシートロール状で販売され、製品の梱包の際、詰め物や保護のために広く使用されています。

三重壁の段ボール箱は、顕著なシェアを保持しており、積極的に拡大すると予想されます。三層段ボール箱は、3層の段ボールメディアと4層のライナーボードで構成されているため、中でも最も頑丈です。また、破裂強度や耐久性に優れているため、工業用部品の梱包にも多く使用されています。工業部品や大型ガラス製品のような重量物の輸送や保管に最適で、保護と強度を提供します。この箱と高品質のライナーボードの3重の層は、あらゆる方向からの曲げと圧力に耐えることができます。この特性は、今後数年間、同セグメントの成長を推進するものと考えられています。

印刷技術別に、市場は、リトグラフ、デジタル印刷、フレキソ印刷、その他に分類されます。その他の印刷技術には、スクリーン印刷、ラベルステッカー、型抜きなどがあります。

スクリーン印刷は、フレームにセットされたタイトなスクリーンを通してインクが押し出されるプロセスです。このスクリーンには絵柄の部分を指定するための孔版があり、段ボールにインクが完全に行き渡るように多孔質の物質でできています。箱やディスプレイになる前の段ボールには、通常、スクリーン印刷が施されます。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]