プライベートLTEの市場規模、遠隔地における業務の維持・監督や、カバレッジに対する需要の急増により、2028年まで拡大予想

プライベートLTEの市場規模は、遠隔地における業務の維持・監督や、より良いカバレッジに対する需要の急増により、2028年までに大きく成長すると予想されます。また、低遅延とワイヤレス通信のトレンドやイノベーションの普及が、今後の市場の成長に貢献するものと思われます。

コロナウイルスの発生は、無線通信とデジタル技術のニーズを押し上げました。世界中の5Gネットワークの商用化は、パンデミック時のプライベートLTE市場にプラスの影響を与えています。

さらに、業界の主要参加者は、さまざまな分野での適用範囲を広げるために、より良い接続性のテストと推進に注力しており、この事が業界の拡大に有利に働いています。例えば、2022年3月、IoTソリューションのエキスパートであるSierra Wirelessは、Sierra Wireless Smart Connectivityと呼ばれる新しいグローバルプライベートアクセスポイント名(APN)ソリューションを発表し、顧客にシームレスな柔軟性とセキュリティを提供し、アプリケーション実装の迅速化を可能にしました。

注目すべきは、政府が民間LTE企業と提携し、遠隔地のシステム、車両、人員に到達するためのより良いカバレッジと容量を導入するケースが増えていることです。一例を挙げると、2022年3月、無線ネットワーク専門企業のBoingo Wirelessは、LVCVAのモノレール・コンベンションセンター駅に次世代無線サービスを導入するとともに、Boingoのイノベーションセンターを開設するために、LVCVA(Las Vegas Convention and Visitors Authority)と提携を結びました。

プライベートLTE市場は、コンポーネント、アプリケーション、地域に基づいて分類されています。コンポーネントセグメントでは、市場は製品とサービスに分類されており、製品では、さらにインフラ(バックホール、EPC(Evolved Packet Core)、eNodeB)とデバイス(車両用ルーター、スマートフォン、IoTモジュール、ハンドヘルド端末)に細分されます。

進化型パケットコア(EPC)インフラストラクチャセグメントは、2021年に60%超の市場シェアを占め、大きな成長を遂げると推測されます。様々な企業で産業用IoTデバイスの適応が拡大していることが、同セグメントの成長を促進する原動力となっている。

スマートフォンデバイスセグメントは、2022年から2028年の間20%超のCAGRで成長すると推定されます。世界中でスマートフォンの普及が進んでいることが、同セグメントの見通しを促進すると予想されます。

アプリケーション別に、市場は、エネルギー、公共安全、交通、防衛、製造、鉱業、その他に分類されます。防衛セグメントは、2021年に15%超の市場シェアを獲得し、2028年まで力強い成長が観察できるとされています。

本記事に関するお問い合わせ先:株式会社グローバルインフォメーション
044-952-0102
受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]